未分類

ビジネス用のオンライン英会話【それぞれの特徴をしっかり解説】

更新日:

【ビジネス用】オンライン英会話

【ビジネス用】オンライン英会話

 

英会話を学んでいる人の中には、その英語をビジネスに生かしたいと考える人もいるでしょう。しかしオンライン英会話でビジネス英会話を身につけられるのか、不安に思う人もいるかもしれません。

結論から言えばオンライン英会話でもビジネス英会話を身につけることはできますし、多くのオンライン英会話がビジネス英語対応をしています。

そこで今回はビジネス英語を身につけるのに最適なオンライン英会話を、その特徴とともにご紹介していきます。ビジネス英語もオンライン英会話で身につけたい人はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

ビズイングリッシュ



ビズイングリッシュはビジネスで使える英語力を育てるためのオンラインパーソナル英会話です。3ヶ月間しっかり学習することで、ビジネスで使える英語力が身につくということを売りにしています。

 

3ヶ月間専属担当講師による集中学習

実は通学制スクールではすでに「パーソナル英会話」というものが広く知られています。これは短期間でしっかりとした英語力をつけなければならない人が、レッスンから自習までプログラムどおりに学習していくというタイプの英会話教室です。

ビズイングリッシュはそれをオンライン化したスクールで、3ヶ月間専属の担当講師によるレッスンと宿題により、集中学習を行います。

レッスンも25分という短時間ではなく、50分間しっかり行われるので、疑問点などもそのままにせず学習ができるでしょう。

 

本気でビジネス英会話を身につけたい人用のオンライン英会話

ビズイングリッシュは毎日必ず50分間のレッスンを受けなければなりませんし、宿題もありますし、しっかりトレーニングさせられる分、費用も通常のオンライン英会話とは違いやや高額になっていますから、本気でビジネス英会話を身につけたいと思っている人でなければついていけないでしょう。

しかしその分講師の採用基準も非常に厳しく、面接後もしっかりとトレーニングが行われ、必ず受講生が英語を身につけられるように体制を整えています。

詳しくはコチラ

 

Bizmates(ビズメイツ)



ビズメイツはビジネス英語特化型オンライン英会話としてよく知られています。通常のオンライン英会話のような体制で、ビジネス英語を学びたい人におすすめのオンライン英会話です。

 

カリキュラムが全てビジネス向け

ビズメイツで使われている教材を見てみると、すべてがビジネスで使える内容となっています。コアプログラムである「Bizmates Program」というスタンダードなビジネス英語の教材をはじめ、海外出張やメール、電話会議、プレゼンテーションなど、テーマ別にわかれた教材も用意されています。

総合的にビジネス英語を学ぶこともできますし、今自分が必要としているスキルに特化して学ぶこともできるんですね。

ビジネス英語を徹底的に学びたい人には嬉しい学習環境でしょう。

 

講師陣が質が高くビジネス経験も豊富

ビズメイツはビジネスで使える英語を学ぶという特質上、講師陣の選定にはかなり力を入れているようです。ティーチングスキルや人間性だけではなく、講師のビジネス経験も重視されているので、単にビジネス英語を教材に沿って学ぶだけではなく、ビジネスシーンでの振る舞い方なんかについても徐々に身についていくでしょう。

もちろん講師にビジネスの場での振る舞いについて質問することもできます。ビジネスで英語を使うときには、単に英語ができればいいのではなく、ビジネスマナーも重要です。その点についてもカバーできる環境ですから、英語を使うビジネスの場で即戦力として働けるようになるでしょう。

詳しくはコチラ

 

vipabc



vipabcはオンライン英会話を探している人にとっては、ちょっと馴染みがないオンライン英会話かもしれません。しかしこちらもビジネス英語をマスターするために嬉しい教材が取り揃えてある質の高いオンライン英会話なのです。

 

多彩な20分野の教材

vipabcには、好きなトピックで学習ができるように、20分野にものぼる教材が導入されています。このオリジナル教材の中には、「仕事・キャリア」というビジネス英語向きの教材もあるのですが、vipabcがビジネスに強いのは、この教材があるからではありません。

他にもマネージメント関係や政治・法律、医療・ヘルスケアなど、特定の職業に就く人にはありがた教材があるんです。またビジネスの場では、スモールトークも重要になりますが、そうした場面でも使えそうな教材も多数あります。

 

独自のマッチングシステムでオーダーメイドの授業

vipabcが他のオンライン英会話と一線を画すのは、独自のマッチングシステムであなたにぴったりのカリキュラムを構築してくれるということでしょう。

自社開発の自動コース生成システムで、5つの質問に答えるだけであなたにぴったりのレッスンをマッチングしてくれるというこのシステム。単なるビジネス英語だけではなく、あなたが学びたい分野や職種などまでしっかりしぼってくれます。そのため、あなたが本当に必要としているビジネス英語を学ぶことができるんです。

詳しくはコチラ

 

mytutor



 mytutorは4技能(読む・書く・聞く・話す)をしっかり鍛えてくれるオンライン英会話です。特にビジネス英語専門というわけではありませんが、mytutorのウェブサイトを見れば、ビジネス英語に力を入れていることがわかるでしょう。

 

豊富なビジネスカリキュラム

mytutorのレッスンでは、とても豊富なビジネスカリキュラムが導入されています。オリジナル教材と市販教材を合わせると、その数24個。ビジネス英語は総合的な内容と、職業別に細分化された内容があります。職業別プログラムも医療や金融から、観光、マーケティングなどまで、かなり広い業種をカバー。

これならあなたが学びたいと思う分野のビジネス英語を学ぶことができるでしょう。

 

検定対策にも対応する充実度でコスパ良

mytutorはビジネス英語だけではなく、検定対策にも対応しています。mytutorで対策ができる検定は、TOEFL、IELTS、TOEIC、英検の4つとなっていますが、この中で特にビジネスで英語を使いたい人に役立つのはTOEICでしょう。

mytutorの講師陣は、こうした検定試験指導者が中心となっているので、指導の質についても安心できます。

豊富なビジネスカリキュラムと検定対策、そして質の高い講師陣がそろって、1レッスン単価が416円からと、コストパフォーマンスに優れたオンライン英会話です。

詳しくはコチラ

 

イングリッシュライブ



海外で働くことを考えていて、ビジネス英語を身につけたい人には、イングリッシュライブもおすすめです。世界中で展開されていることが最大の特徴のイングリッシュライブなら、さまざまな国の人と英語で話すのに慣れることができるでしょう。

 

世界中の英語学習者とレッスン

イングリッシュライブ最大の魅力は、世界中の英語学習者とグループレッスンができるということでしょう。海外のビジネスの場では、常に様々な国の出身者と英語で会話をすることになります。このときに困るのが、アクセントの問題です。流暢に話せても、自国語の訛りというのはどうしてもゼロにはできません。

これに慣れていないと、非ネイティブの人とは会話がスムーズに進まないということにもなりかねないんですね。

ですから海外で働くことを考えて、ビジネス英語を身につけたいと思っている人にはイングリッシュライブがおすすめなんです。

 

ビジネス英語・職業別英語レッスンあり

イングリッシュライブには、ビジネス英語や職業別英語など、ビジネス英語をマスターしたい人にうってつけのレッスンがしっかり用意されています。

ビジネス英語では総合的なビジネスで使える英語を学び、職業別英語では自分が携わっている職種に関連する用語を学ぶことになります。どちらもビジネスで英語を使いたい人にはとても役立つでしょう。

また、TOEIC対策もありますから、TOEICを受けるつもりな人も安心です。

イングリッシュライブは教材も豊富で、こうした分野を自習できるような環境も整っていることもメリットの1つでしょう。

詳しくはコチラ

 

レアジョブ



レアジョブというとオンライン英会話では老舗の部類に入りますが、多くの企業で導入実績があり、ビジネス英語を学びたい人にもぴったりなコースが設置されています。

認定講師と専用教材によるビジネス英会話コース

レアジョブは多くの企業で導入実績があるほど、実はビジネス英会話にも力を入れているオンライン英会話の1つです。レアジョブには日常英会話コースのほかに、ビジネス英会話コースがあり、こちらは月額9,800円・レッスン単価が316円と、日常英会話に比べると少々割高にはなりますが、その内容からすればコストパフォーマンスはかなり良いでしょう。

ビジネス英会話コースは、ビジネスで使う英語を指導できるよう特別なトレーニングを受けた講師がレッスンを受け持つので、講師の質も安心です。またビジネス専門の教材も多数取り揃えていて、じっくりと学べる環境になっています。

 

多数の有名企業が利用する信頼度の高いレッスン

レアジョブは誰もが知っているような企業が利用している、かなり信頼度の高いオンライン英会話であることも魅力の1つでしょう。

少し企業名を挙げてみると、NTTドコモ、三井住友銀行、KDDI、LINE、Yahoo!、ぐるなび、LOTTEといったところです。どうでしょうか。どの企業も誰もが知っている企業ですよね。

そんな有名企業に支持されているほど、充実したレッスン内容なら、きっとあなたもビジネスで英語を扱えるようになるでしょう。

詳しくはコチラ

 

ネイティブキャンプ



次にご紹介するのは、レッスン受け放題で有名なネイティブキャンプです。特にビジネス英語に力を入れているというわけではありませんが、ビジネス英語も学べるオンライン英会話で、人によっては短期間でビジネス英会話を身につけることができるでしょう。

 

ビジネスカランコースやビジネスコースなど充実の内容

ネイティブキャンプは特にビジネスに特化したオンライン英会話ではありませんが、そのコース内容を見てみると、ビジネスカランコースやビジネスコースといった、ビジネスに向きのコースが充実しています。

特にビジネスカランコースは、通常の4倍の速度で英会話を身につけられるというカランメソッドを使ったコースですから、こちらを受講すれば短期間でビジネス英会話が身につくでしょう。ビジネスカランは、通常のカランコースの一定レベルをクリアした人向けのコースとなっています。また、カランコースは予約制なので、残念ながらレッスン受け放題の範疇には入りません。

しかし通常のビジネスコースなら、レッスン受け放題の範囲内ですから、このコースを何度も受けることで効率よくビジネス英会話を身につけることができるでしょう。時間がある人なら、1日何回もレッスンを受ければ、どんどん上達していくはずです。

 

TOEIC対策コースもあり

ネイティブキャンプはレッスン受け放題の範囲でTOEIC対策コースを受講することもできます。TOEIC対策コースは、600点対策コース、800点対策コース、そしてパート別対策コースの3つのコースに分かれています。

ビジネスで使う英語を目指すなら、TOEICでは800点を突破したいところ。こちらもレッスン受け放題というメリットを利用して、どんどん上達を目指しましょう。

詳しくはコチラ

 

DMM英会話

DMMオンライン英会話

 

DMM英会話もビジネスに特化しているわけではありませんが、総合的なオンライン英会話として、支持され続けているスクールです。こちらも上手に使えば、ビジネス英会話を身につけるのに最適な環境が整っています。

 

ビジネス英語に役立つ教材が豊富

DMM英会話は教材がとても豊富なオンライン英会話です。そのラインナップを見てみると、ビジネス教材や、ニュースを使った教材、ディスカッションなどが含まれています。

ビジネスシーンでは、単にビジネスで使う英会話ができればいいだけではなく、スモールトークができるように時事問題の知識をつけておくべきですし、ディスカッションも上手になっておかなければなりません。

ビジネス英語だけではなく、そうした分野も学べるのがDMM英会話の強みですね。

 

学習アプリiKnow!による効果的な自習が無料

DMM英会話もレッスン代が安価なオンライン英会話ですが、それ以外にも他のオンライン英会話にはない魅力があります。それは、学習アプリiKnow!が使えること。

iKnow!は反復練習をすることで、英単語やフレーズなどを身につけさせてくれる優秀な学習アプリで、月額1,480円のサービスです。もちろんiKnow!のコンテンツにもビジネス英語やニュース英語、TOEIC対策がありますから、ビジネスで英語を使いたい人にはぜひ使ってみてほしいアプリです。

英会話を身につけるには、オンライン英会話のレッスンにプラスで自習もある程度は必要なもの。DMM英会話なら、その自習をさせてくれるアプリが無料なので、自習のやり方がわからない人にはとてもありがたいですね。

詳しくはコチラ

 

まとめ

今回はビジネス向けということに絞って、おすすめのオンライン英会話をピックアップしてみましたが、どれも魅力的に思えたのではないでしょうか。

どのオンライン英会話が向いているかというのは、予算の都合や教材の好み、どの程度ビジネス英語をやりたいかによって異なります。

まずは気になるオンライン英会話で無料体験レッスンを受けてみて、使いやすいと感じたり、効果的に学べそうだと感じたところでレッスンを継続してみましょう。

-未分類

Copyright© DIY CHALLENGE , 2019 All Rights Reserved.