未分類

哺乳瓶用洗剤は必要なの?【普通洗剤との違いや選び方】

更新日:

哺乳瓶用洗剤は必要なの?【普通洗剤との違いや選び方】

哺乳瓶用洗剤は必要なの?【普通洗剤との違いや選び方】

 

はじめに

 

赤ちゃんが生まれたら、ミルクや白湯を飲ますのに哺乳瓶を用意するご家庭も多いと思います。

ただ、哺乳瓶を使ったらきれいに洗い、消毒する必要が出てきます。

ここでは、哺乳瓶専用洗剤を使った方がいいのか、普通の洗剤とはどう違うのか、選び方のポイントなどもわたくしSUZUKOがお教えしたいと思います!

 

食洗機で洗っちゃだめなの?

最近、食洗機を設置しているご家庭も多いかと思います。

食洗機なら高温のお湯で洗えるので哺乳瓶を洗ってもいいのでは?と思いますが、実際は哺乳瓶の口部分は細くなっており中の汚れが落としづらいので専用のブラシを使って手洗いする方がいいでしょう。

また、乳首は小さいので食器洗浄機の中で飛んでしまう可能性があるので、これについても手洗いの方が無難です。

やむを得ず、食器洗浄機で哺乳瓶を洗いたという場合には前もって哺乳瓶や食器洗浄機の取扱説明書を読んで確認しておきましょう。

また、食器洗浄機で洗う場合でも、その後専用の消毒液で消毒を行うことが大切です。

 

哺乳瓶用洗剤と食器用洗剤の違い

ミルクにはタンパク質や脂質が多く含まれているので、すすぐだけでは完全に汚れを落とすことができません。

そのため、汚れを落とすために洗剤を使って落とす必要があります。

この時、日頃使っている食器用洗剤を使うと、もし洗剤の成分が残っていると赤ちゃんに害があるのでは?と心配になる方もいらっしゃるでしょうが、哺乳瓶専用洗剤を使うと安心です。

一般的な食器用洗剤には界面活性剤が含まれており、アリキルアミンアキシドやアルキルエーテル硫酸エステルナトリウムなどといった成分によって高い洗浄力が望めるものの、残留性が高いと言われているため、赤ちゃんが使う哺乳瓶を洗うのを不安に思うのは当然と言えば当然です。

ですが、哺乳瓶専用洗剤は界面活性剤成分が少ないので安心ですし、石油由来の界面活性剤ではなく植物由来の洗浄性分を使ったものなど、一般的な食器用洗剤と比べ優しい成分のものがほとんどです。

哺乳瓶専用洗剤の選び方

では、そんな哺乳瓶専用洗剤をどうやって選べばいいのでしょうか?

安全性

哺乳瓶専用洗剤は一般的な食器用洗剤と比較して上で申しました通り、界面活性剤の含有量が少なかったり、植物由来の洗浄成分だったりします。

そのため、安全性の高い哺乳瓶専用洗剤を選ぶ方が多いでしょうが、そんな専用洗剤にも安定化剤や金属封鎖剤、防腐剤などが多少は含まれています。

このような成分はしっかりすすげば落ちるので心配ないものの、できれば含まれていないものを選んだ方が安心です。

 

すすぎやすさ

哺乳瓶専用洗剤にはさまざまなタイプのものがありますが、ほとんどが泡立ちがいいように作られています。

ミルクにはタンパク質や脂肪分が多いのでしっかりとあわ立てて洗わなければ取れません。

汚れ落ちがよくなるためあわ立てて泡立てることが悪いことではないですが、その分しっかりとすすがなければなりません。

どの商品が泡ぎれがいいか?というのは先輩ママから直接聞いたり、ネットの口コミなどでチェックするといいでしょう。

ドラッグストアなどでサンプルがもらえることも多いので、もらえるか聞いてみるのもおすすめ。

いずれにせよ、どのような哺乳瓶専用洗剤で洗った場合も、最終的に流水でしっかりと泡が残らないようすすぐようにしましょう。

その時、泡が落ちたと感じてもその後10秒程度はすすぐことが大切。

洗浄成分が哺乳瓶に残ったままだと、赤ちゃんにアレルギー反応が出てしまう可能性があるからです。

しっかりとチェックしながらすすいであげてくださいね!

容器の形状

哺乳瓶専用洗剤の容器の形状はさまざまです。

スプレー式やプッシュ式、ポンプ式などがありますが、使いやすいと思ったものを選ぶといいでしょう。

スプレー式やポンプ式のものは片手がふさがっていても使えるので赤ちゃんを抱っこしながらでも使えるので非常に便利ですし、ほとんどが容量の多いものとなっているので経済的です。

ただ、一度に出てくる洗剤の量が決まっているので、量を調節しにくいのが難点です。

いっぽうで、プッシュ式のものだと洗うものに合わせて量を調節することができるのが便利です。

ただ、使う際容器を持ち上げる必要があるので少し使いづらいかも。

プッシュ式はあまり哺乳瓶を使わないご家庭や、試しに使いたい場合に向いています。

おすすめ哺乳瓶
おすすめ哺乳瓶10選【素材や形状をしっかりチェック】

続きを見る

まとめ

哺乳瓶専用洗剤は必要なのかどうか、普通の洗剤との違いや選ぶ際のポイントなどを経験を踏まえてお教えしました。

結論を言うと、やはり哺乳瓶を洗うには専用の洗剤を使った方が赤ちゃんにとって安心だということ、安全性が高くすすぎやすく使いやすいものを選ぶのがポイントということです。

今から赤ちゃん用品を選ぶご家庭のために、私の経験がお役に立てばと思います!

-未分類

Copyright© DIY CHALLENGE , 2019 All Rights Reserved.