未分類

MFクラウド(マネーフォワード)とは?【完全ガイド】

マネーフォワード

マネーフォワード

 

本記事では・・

「そもそもクラウド会計ってなに?」
「MFクラウドってどんなサービス」

といった疑問にお答えしていきます!

 

クラウド会計とは

 

クラウド会計とは、インターネットが利用できる環境とPCやスマホなどのデバイスさえあれば、いつでも会計処理ができる会計システムのことを意味します。

また、その会計システムを利用するためのソフトをクラウド型会計ソフトと呼んでいます。

ひと昔前までは、箱にはいったCDROMを購入してきて、パソコンにソフトをインストールして会計処理をする業務スタイルが一般的でした。〇〇会計とか■■奉行のような高額ソフトです。

しかしクラウド会計という仕組みが登場して依頼、場所やパソコン、そして働き方にもとらわれずに会計処理が効率よく出来るようになりました。

インストール型の会計ソフトに代わってクラウド型の会計ソフトのシェアが年々拡大していますね。

参考:MM総研「会計ソフトの利用動向調査」

 

さて、そんなクラウド会計ソフトの中でも3大ソフトといわれるサービスが以下の3つです。

・MFクラウド

・会計freee

・弥生クラウド会計

 

本記事ではその中のひとつ「MFクラウド(マネーフォワードクラウド)」についてわかりやすく解説していきます。

MFクラウド会計・確定申告の公式HPで確認する

MFクラウド(マネーフォワードクラウド)の特徴

ここからは「MFクラウド(マネーフォワードクラウド)」の特徴についてご案内させていただきます。

僕はいまの会社で経理を担当しているのですが、2年間クラウド型の会計ソフトを使って会計処理をしています!

ちなみに会社で使用しているのはMFクラウドの競合サービス「会計freee」なのですが(笑)、僕自身としては個人的にMFクラウドを利用しています。

そんな感じでクラウド会計に精通している(笑)僕がなるべく丁寧に解説していきます。

 

面倒な作業はすべて自動化!

MFクラウドでは、様々な会計データを全て自動で取得し、ストレスなく会計業務を行うことができます。

・その1 明細データの自動取得

・その2 明細データの自動仕訳

・その3 レポートの自動作成

・その1 明細データの自動取得

各金融機関と提携を進めており、あらゆる入出金データをボタン一つで連携させることができます。

銀行口座、クレジットカード、POSレジ、ECサイトと自動連係で明細データを取得。
銀行の残高や振込実績などについて、会計ソフトへの手入力が不要になります。この手間が省けるのは本当に大きい!

連携金融機関一覧はこちらから

 

・その2 明細データの自動仕訳

勘定科目の入力時間が短縮されるだけでなく、仕訳作業をすればするほど、作業効率が改善されていきます。

クラウド会計ソフトの、自動取得や自動仕訳機能ってすごく便利なのですが、一方で自動仕訳された内容がほんとうに正しいのか?などの不安感もあったりします。結局仕訳制度が低いと、仕訳自体の単純作業が減る反面、その自動仕訳の結果をチェックするという作業が新たに発生してしまいますよね。

マネーフォワード クラウド会計では仕訳精度も高く、また学習能力も高いため自社の経費や売上の「癖」にフィットした会計ソフトになってもらえます。

 

・その3 レポートの自動作成

各種レポートが自動で作成されます。常に最新の状況が把握できるので、課題発見・改善策検討をスピーディーに行うことが可能となります。

MFクラウドでは当月、前月の売上状況をレポートで常に見ることが可能なので、毎月の損益状況をリアルタイムに把握できます。

もちろんパソコンからだけでなくスマホやタブレットでも確認できるので自宅や出張先からでも経営状態をチェック可能。

経営状況を素早く把握できるようにすることで、より早く正確な意思決定をしやすく、資金繰りの不安の軽減や経営の安定化に貢献してくれます。

 

抜群のサポート体制!

MFクラウドでは、メールや電話サポートだけでなく、チャットでのサポートサービスも実施しており、ちょっとした疑問も気軽に質問することができます。

インストラクターによる訪問型導入支援サービスなんかも用意されています。

とにかく困ったときにタイムリーにサポートを受けられるのは良いですね。初心者の方でも安心して導入いただけるサービスです。

 

いつでもどこでも、複数拠点・複数人でも使えます。

パソコンはWindowsとMac両対応、さらにiPhone、iPadやAndroidなどのスマートフォン・タブレットも場面に応じて活用できるマルチデバイス対応です。

会計ソフトがインストールされたパソコンからしか作業できないインストール型ソフトやExcel管理と大きく違い

時間や場所を選ばずに会計業務ができ、時間をより効率的に使えます

また複数人による会計ソフトの利用も可能であるため、複数人による最新データの参照や入力が可能です。

 

最新の税制や法改正にすぐ対応

ここもクラウドサービスの良さなのですが、MFクラウドは日々、改善や法改正の対応のためにアップデートを重ねています

パッケージ版のソフトなどの場合、法改正のたびに買い替えが必要なケースがほとんどですが、マネーフォワードでは無料でアップデートされるので、もちろん買い替え不要なのです。

MFクラウド会計・確定申告の公式HPで確認する

データで見るMFクラウド

第3者機関のデータ分析から市場におけるマネーフォワードの状況を確認してみましょう。

確定申告での利用でシェアを急拡大中!

参考:MM総研「クラウド会計ソフト事業者別シェア」

会計事務所が最も活用するクラウド会計ソフト

参考:マネーフォワード社リリース(2017-06-15)

 

まとめ

・面倒な作業はすべて自動化!

 3つの自動化 (明細データ自動取得・明細データ自動仕訳・レポート自動作成)

・抜群のサポート体制で安心

・いつでもどこでも利用できて便利

・最新の税制や法改正にすぐ対応

・確定申告利用でシェアNo.1

・会計士が最も活用するクラウド会計ソフト

 

MFクラウド会計・確定申告の公式HPで確認する

 

-未分類

Copyright© DIY CHALLENGE , 2019 All Rights Reserved.