未分類

クラウド会計ソフトfreeeとは?【完全ガイド】

freeetop

freeetop

 

本記事では・・

「そもそもクラウド会計ってなに?」
「会計ソフトfreeeってどんなサービス」

といった疑問にお答えしていきます!

 

クラウド会計とは

 

クラウド会計とは、インターネットが利用できる環境とPCやスマホなどのデバイスさえあれば、いつでも会計処理ができる会計システムのことを意味します。

また、その会計システムを利用するためのソフトをクラウド型会計ソフトと呼んでいます。

ひと昔前までは、箱にはいったCDROMを購入してきて、パソコンにソフトをインストールして会計処理をする業務スタイルが一般的でしたね。〇〇会計とか■■奉行のような高額ソフトです。

クラウド会計という仕組みが登場して依頼、場所やパソコン、そして働き方にもとらわれずに会計処理が効率よく出来るようになりました。

さてそんなクラウド会計ソフトの中でも3大ソフトといわれるサービスが「弥生クラウド会計」「MFクラウド」そして今回解説する「会計freee」なのです!

 

クラウド会計ソフトfreeeの特徴

ここからは「クラウド会計ソフトfreee」の特徴についてご案内させていただきます。

ちなみに、僕はいまの会社で経理を担当しているのですが、2年間会計フリーを使って会計処理をしています!

さらにフリーの認定アドバイザーをされている公認会計士税理士事務所「清明会計」の田島先生に顧問をしていただいて、日々勉強しています。

いつもお世話になっている認定アドバイザー田島先生の事務所はこちら

↑↑ free認定アドバイザー田島先生の事務所はこちら ↑↑

そんな感じでフリーに精通している(笑)僕がなるべく丁寧にフリーについて解説していきます。

 

詳細は会計フリーさんの公式ホームページを確認しましょう

豊富なレポート類で経営状況がわかる

freeeの特徴は、会計のデータが反映される書類・レポート類が日々の取引の入力によりリアルタイムに作成される機能があることです。

作成されるレポートは以下の通りです。

・収入レポート
・支出レポート
・売掛レポート
・買掛レポート
・現預金レポート
・資金繰りレポート
・集計表

これらのレポートは、日々会計ソフトを利用しているだけでリアルタイムに内容が反映されていきます。

収支状況の確認だけでなく、売掛金・買掛金の管理や資金繰りまで、豊富なレポート類でリアルタイム経営をサポートしてくれます。

めちゃくちゃ便利ですよね~

詳細は会計フリーさんの公式ホームページを確認しましょう

 

経理の時間を圧倒的に短縮します

会社で利用している銀行口座やクレジットカード、POSレジやECサイトなどの明細を自動取得することで仕訳を登録できます。

また、光熱費や通信費など、毎月発生する料金は機械学習により勘定科目を自動推測してくれます。

さらに、領収書は手元のスマートフォンで撮影するだけでデータがクラウド上に保存され、金額や勘定科目も自動で推測して入力補助してくれるんです。

入力にかかる手間が短縮され、より本業に集中する環境を作り出すことができるんです!

 

請求から経費精算までオールインワンの会計ソフト

通常の会計ソフトでは請求書などは別のプロダクトになっているケースが多いのですが、freeeでは会計ソフト単体で請求書・見積書の作成が可能です。

当然請求書の情報はすべて会計ソフトに自動反映されていきます。
うちの会社では営業さんが見積書とか請求書をフリーを使って作成しておりまして、かってに(笑)売上に連携してくれてめちゃくちゃ効率がいいんです!

また従業員向けの「freee for チーム」という機能を利用すれば、従業員が行う経費精算などもスマホから行えます。
営業さんが営業に集中できる環境、無駄な業務を減らせる環境が自然と出来上がっているのも感謝です。

 

最新の税制や法改正にすぐ対応

ここもクラウドサービスの良さなのですが、freeeは日々、改善や法改正の対応のためにアップデートを重ねています

パッケージ版のソフトなどの場合、法改正のたびに買い替えが必要なケースがほとんどですが、freeeは無料でアップデートされるので、もちろん買い替え不要なのです。

 

Mac・モバイルでも会計業務が可能

会計ソフトがインストールされたパソコンからしか作業できない通常のパッケージ版ソフトやExcel管理とは異なり、複数のパソコンや、タブレット、スマホからでも作業が可能です。

そのため、時間や場所を選ばずに会計業務ができ、時間をより効率的に使えます

また複数人による会計ソフトの利用も可能であるため、複数人による最新データの参照や入力が可能です。

 

詳細は会計フリーさんの公式ホームページを確認しましょう

 

他のクラウド会計ソフトとの違い・優位性

クラウド会計ソフトとしてシェアNo.1

freeeは2016年3月現在、60万人以上の事業所に利用され、クラウド会計のシェアでは3年連続でNo.1(デジタル院ファクト調べ)を獲得しています。

引用:デジタルインファクト調べ

繁忙期でも安心です

クラウドサービスの場合、繁忙期などでサービスへのアクセスが増えてしまうとサーバーがダウンしてしまい利用できないことがあります。

しかしfreeeは特に利用するユーザーが多い2016年2月の1ヶ月において、稼働率100%を達成しました。サービスを利用する人が多く混雑している場合でも安心して利用できるクラウド会計ソフトなんです。

 

複数の機能を安価で利用可能

クラウド会計ソフトのサービスは多く出回っていますが、請求書の作成や経費精算など、経理業務に必要な機能に別ソフトで対応している場合がほとんどです。そのため、これらの機能を含めた場合、トータルコストがかなり高額になってしまうことも少なくありません。

また、請求書を作成するソフトと会計ソフトが同じ会社から販売されていたとしても、それぞれのソフトに入力したデータに互換性があるとは限りません。

freeeでは、会計ソフトに請求書の作成機能や経費精算の機能がそもそも付いていて、給与計算も「クラウド給与計算ソフトfreee」を使うことによって容易に連携できます。会計ソフトと給与計算ソフトで請求書の発行や経費精算の機能をカバーできているので安価に経理や給与計算などの作業が行えます

 

会計フリーの無料お試しはこちらからどうぞ

 

-未分類

Copyright© DIY CHALLENGE , 2019 All Rights Reserved.