オンライン英会話 英会話

【オンライン英会話】担任制のメリットとデメリット

投稿日:

オンライン英会話 担任制 メリットとデメリット

 

多くのオンライン英会話が担任制ではなく、いつでもどの講師も予約できるシステムを導入しています。しかしそれに不安を感じて担任制がいいと思っている人もいるでしょう。

ですが担任制のオンライン英会話は数が限られているので、もしかして担任制にはデメリットが多いのではないかと悩んでいる人もいるかもしれませんね。

そこで今回は、オンライン英会話において担任制であることのメリットとデメリットをご紹介していきます。担任制を検討している人はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

担任制オンライン英会話のメリット

オンライン英会話 担任制 メリット

まずは担任制オンライン英会話のメリットからみていきましょう。同じ講師とずっと学習をすることには、たくさんのメリットがあります。

 

学習の進捗や生徒のレベルを講師が把握できる

レベル

担任制オンライン英会話のメリットというと、講師が常に生徒の学習の進捗や英語レベルを把握しているということでしょう。

自由予約制のオンライン英会話だと、講師1人でレッスンを受け持つ生徒数が多すぎて、細かいことは覚えていられないかもしれません。頻繁に予約をしているなら、レベルは把握しているかもしれませんが、何かを継続して学習することは難しいでしょう。

 

その点担任制なら、常に同じ講師ですから、1つのことにじっくり取り組みやすく、且つ今どこまで進んでいるのかということを、講師の方で把握しておいてくれます。

そのためレッスンもスムーズに進みますし、時間を効率的に使えるでしょう。

 

いつも同じ講師なので緊張しない

担任制はいつも同じ講師のレッスンをとることになります。予約が空いている講師のレッスンを受けるようになる自由予約制のオンライン英会話だと、レッスンを受けたいときに希望する講師が空いているとは限らず、他の講師とレッスンをすることもあるでしょう。

 

人見知りをしない人ならいいのですが、あまり知らない講師だと緊張してしまう人もいるはずです。

その点担任制なら、そういった心配は不要で、緊張せずに自分の力を発揮して英語を口にすることができるでしょう。

 

宿題などを出してもらって反復練習がしやすい

担任制なら、毎回宿題を出してもらうことができます。その日のレッスンで学んだことを復習するような宿題を出してもらえば、自分で復習するよりも強制感があって復習しやすいでしょうし、復習をすることで学んだことをしっかり身につけることができるでしょう。

英会話を身につけるには、反復練習が必要不可欠。担任制なら、宿題という形で反復練習をすることになるので、どんどん英会話が身についていくんです。

 

講師との仲が良好なら続けやすい

続ける

担任制は講師と仲良くなれれば、継続しやすいというメリットがあります。毎回レッスンで講師に会いたくなり、今日は何を話そうかなー?などと楽しく考えられるような関係が作れるのがベストです。

担任制でも講師を変えることはできますから、しっくりくる講師に出会えるまで、いろんな講師を試してみて、気の合う講師を探すのをおすすめします。

 

講師の方にも「自分しかいない」という責任感が生まれる

担任制だとあなたの講師はその講師1人しかいません。そのため、講師の方にもずっと責任感が生まれます。またあなたの英語上達をじわじわと感じることができるので、講師の方もモチベーションアップにつながり、熱を入れて教えてもらうことができるんですね。

 

自由予約制だと、講師の方はたくさんの生徒にあっているため、1人の生徒にしっかり熱を込めて教えるということはなかなか難しいでしょう。

この点は担任制にしかないメリットではないでしょうか。

 

 

担任制オンライン英会話のデメリット

オンライン英会話 担任制 デメリット

ここまで担任制オンライン英会話のメリットについてご紹介しましたが、もちろん担任制にもデメリットはあります。そのデメリットについてもみていきましょう。

 

マンネリになりやすい

マンネリ化

担任制ということは、毎回講師が同じということです。そうなると、毎回新しい話をすることが難しく、マンネリになりやすいという問題があります。

しかしこのマンネリは、毎回しっかりレッスン内容を考えないから起こる問題です。教材などに沿って学習を進めて行けば、毎回少しずつ学ぶことが変わるので、マンネリを感じることは少ないでしょう。

 

友達のようになってしまい馴れ合いすぎる

担任制オンライン英会話でレッスンをとる場合、講師と仲良くなれるのは英会話の学習を進めていくにあたって、大きなメリットです。

しかしあまりに仲良くなりすぎて、友達になってしまい馴れ合いが始まってしまうと、会話力の方は伸びるかもしれませんが、文法知識などをつけづらくなってしまうかもしれません。

講師と友達になるのは良いことです。しかしレッスンはレッスン、友達としての時間は友達としての時間という風に、お互い意識をしなければ、せっかくお金を払って受けているレッスンも、ただの友達と話す時間となってしまうかもしれません。

 

その講師の英語にしか慣れることができない

オンライン英会話 担任制 デメリット

ここまでご紹介した担任制オンライン英会話のデメリットは、自分の意識次第で解消することができることです。

しかし担任制には1つだけどうしようもないデメリットがあります。それは担任の講師の英語にしか慣れることができないということです。

これは単にその講師の国のアクセントということではありません。私たちが日本語を話すときもそうであるように、人には話し方や表現のクセというのがあるんですね。担任制だと、その講師のアクセントや話し方のクセにしか慣れることができないので、他の人と英語で話すときに理解するのが難しく感じてしまうかもしれません。

 

これを解消するには、レッスン外で英語を話す機会を作ることです。多くの人と英語で話すようにしていれば、講師以外の英語にも慣れることができ、このことがデメリットにはならなくなるでしょう。

 

 

まとめ:担任制にするかどうかはそれぞれのニーズによって決めよう

ここでご紹介したとおり、担任制オンライン英会話にはメリットもデメリットもあります。メリットから考えると、何か検定を受ける予定の人や人見知りで緊張しやすい人、進捗をしっかり把握したい人なら担任制の方が上達しやすいと感じるでしょう。

担任制も自由予約制も、それぞれにメリット・デメリットがありますから、どちらの方が自分のニーズを満たしてくれるかで選ぶことをおすすめします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
さゆり

さゆり

こんにちはさゆりです。 イギリス在住歴5年・現役プライベート専門英語講師の経験を活かして語学に関する話題を中心にブログを配信しています。よろしくお願いします。

-オンライン英会話, 英会話

Copyright© チャレンジBLOG , 2019 All Rights Reserved.