未分類

ネイティブ講師によるオンライン英会話のメリット・デメリットとは?

更新日:

オンライン英会話 ネイティブ メリットとデメリット

オンライン英会話 ネイティブ メリットとデメリット

 

オンライン英会話の講師の種類は、ネイティブか非ネイティブかの2パターンに大別されます。
ネイティブか非ネイティブかで授業料もスクールの種類も変わってくるので、どちらが良いのか迷っている人も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、ネイティブ講師によるオンライン英会話のメリット・デメリットについて解説していきます。
オンライン英会話のスクール選びで迷っている方は、ぜひ参考にして頂ければと思います。

 

オンライン英会話の主流はフィリピン人講師

賃金

近年普及しているオンライン英会話の講師は、多くが英語を公用語とするフィリピン人です。
理由としては、フィリピンは他の英語圏の国と比べて物価が安く、低賃金で講師を雇いやすいから。
フィリピン人講師を低単価で雇い、低価格でレッスンを提供するというのが近年のオンライン英会話の主流です。

しかし一方で、あえてフィリピン人講師ではなくイギリス人やアメリカ人のネイティブ講師を雇い、それをウリにしているオンライン英会話スクールも存在します。

 

ネイティブ講師によるオンライン英会話のメリット

メリット

 

「英語が話せるなら、ネイティブでも非ネイティブでも関係ないんじゃないの?」と思う方もいるかもしれません。
しかしネイティブ講師によるレッスンには、非ネイティブ講師によるレッスンにはないメリットがあります。

ここではネイティブ講師によるオンライン英会話のメリットについて解説していきます。

本場の発音を学ぶことができる

フィリピン人講師を始めとする非ネイティブの話す英語には、多少なりとも癖があります。
長年非ネイティブの英語を聞き続けていると、いざ本場の英語を聞いた時、「あれ、なんか発音がちょっと違う」と戸惑ってしまう可能性もあります。

一方でネイティブ講師の話す英語は、正真正銘の本場の英語です。
ネイティブ講師の英会話レッスンを受け続ければ、本場と同じ発音を身に付けることができます。

レッスンのレベルが高い

日本人の感覚からすると、ネイティブが話す英語のスピードはかなり早いです。
最初の頃はゆっくり話してもらわないと英語が全く聞き取れないかもしれません。

しかし常に早いスピードの英語を聞き続けることで、自分の耳も早い英語に慣れていきます。

ネイティブ講師との英会話は、本場で通用する英語力に繋がります。

英語圏における独特の言い回しが学べる

英語にはスラングと呼ばれる独特な言い回しがあります。
スラングはいわゆる「砕けた表現」で、学校の授業ではほとんど教えてくれません。
オンライン英会話における非ネイティブの講師も、スラングは使わない、もしくは使えないという場合が多いです。

しかし実際に英語圏の国に行くと、多くの人が日常的にスラングを多用します。
スラングを理解していないことで、英語が思うように聞き取れないことも。
スラングは決して「正しい英語」ではありませんが、やはり本場の英語を聞き取るためには理解しておく必要があります。

ネイティブ講師から本場のスラングをたくさん学ぶことで、実際に海外に出ても通用する英語となります。

 

ネイティブ講師によるオンライン英会話のデメリット

デメリット

 

一方でネイティブ講師によるオンライン英会話は、メリットだけではありません。
続いてはネイティブ講師によるオンライン英会話のデメリットについて解説していきます。

 

レッスン料は高め

アメリカやイギリスを始めとする英語圏の国はフィリピンと比べて物価が高いため、ネイティブの講師を雇おうとすると必然的に労働賃金は高くなります。
もちろんネイティブ講師が在籍しつつも低価格でレッスンを提供しているスクールもありますが、やはり相場としてはフィリピン人講師によるオンライン英会話よりも高めです。

オンライン英会話を長く続けるにあたって月々のレッスン料は非常に重要となってきますので、ネイティブ講師を選ぶかどうかは自分の予算とも相談する必要があります。

 

本場の言い回しはペーパーテスト向きではない

ネイティブ講師によるオンライン英会話ではスラングが学べるという解説をしましたが、スラングはTOEICや英検を始めとするペーパーテストにはほとんど登場しません。
あまりにスラングに慣れすぎていると、ペーパーテストにおける「正しい英語」に違和感を覚えることも。

スラングを含んだ英語は実戦向きではあるものの、ペーパーテスト向きではないことを理解しておきましょう。

 

「英語が上手い=教えるのが上手い」ではない

ネイティブ講師は生まれながらにして英語を聞きながら育ってきているため、英語が分からない人の気持ちが汲み取れない場合があります。
確かにネイティブの英語は流暢ですが、「どうやったら流暢に話せるのか?」というノウハウを理解しているとは限りません。

一方でフィリピン人講師は母国語に加えて学校で英語を習うという育ち方をしてきているので、「英語の勉強の仕方」を理解しています。
全てのネイティブ講師が非ネイティブ講師よりも優れているというわけでないので注意しましょう。

 

まとめ

ネイティブ講師によるオンライン英会話はメリットとデメリットの両方が存在します。
確かにネイティブ講師から英語を教えてもらうことには大きな価値がありますが、必ずしも全ての人に合っているというわけではありません。

ネイティブ講師によるオンライン英会話のメリット・デメリットを見極めた上で、自分に合ったスクールを選びましょう。

※子供用のオンライン英会話はこちらから
おすすめ子供向けオンライン英会話【特徴別に徹底解説しています】

-未分類

Copyright© DIY CHALLENGE , 2019 All Rights Reserved.