未分類

ビジネス英会話定番フレーズ【電話を受ける】

更新日:

前回、ビジネス英会話定番フレーズ【電話をかける】をご紹介しました。

今回は、電話をかける際の定番フレーズをご紹介いたします。

海外から電話がかかってくる部署にいると、電話をとったときに英語が必要になることもあるでしょう。

また、英語圏で働く場合は、電話も英語オンリーとなるはずです。

電話応対なんて、英語でできないと思うかもしれませんが、実は定番フレーズさえ覚えてしまえば、英語での電話応対はそれほど難しくありません。

今回は電話を受けるときのビジネス英会話フレーズを、定番且つ覚えやすいものに絞ってご紹介して行きます。

 

ビジネスで電話を受けるときの会話例

電話応対のフレーズをご紹介する前に、まずは電話応対のときにどのような会話のやりとりがあるのか、会話例からみていきましょう。

Aが電話を受ける側、Bが電話をかけてきた側です。

A: ABC Company. How may I help?

B: Hello, could I speak to Mr. Black, please?

A: May I ask who is calling?

B: This is Mitsuo Yamamoto from DF communications.

A: Hello Mr. Yamamoto, how are you? I’ll put you through now. Please hold on a second.

(和訳)

A: ABCカンパニーです。ご用件をどうぞ。

B: どうも。ブラックさんとお話できますか?

A: 失礼ですが、どなたでしょうか?

B: DFコミュニケーションズの山本みつおです。

A: ああ、山本さん。お元気ですか?今おつなぎしますね。少々お待ちください。

 

電話をとった時の第一声について

日本語の電話応対では、電話をとったらまず「お電話ありがとうございます。XX社のXXでございます。」のような決まり文句を言いますよね。

しかし英語圏のビジネスシーンでは、最初の挨拶はしないことの方が多いのです。

会話例のように、ただ会社名だけを名乗るのがほとんどです。

個人電話がある人の場合だと、”ABC Company, Jason Black speaking.”というように、名前を名乗ることもあります。

最初は慣れないかもしれませんが、英語環境で働いているうちに、次第に自然なことだと受け止められるようになるでしょう。

 

相手が誰か尋ねるフレーズ

電話を取って会社名を言ったら、通常は相手の方から自分の名前と用件を言ってくれるはずです。

しかし、もしも名乗ってくれなかった場合、相手の名前を尋ねなければなりませんね。

そんなときは下記のようなフレーズが使えます。

May I ask who is calling?

(どちら様でしょうか?)

May I have your name, please?

(お名前をいただけますでしょうか?)

この2つの表現は、どちらも同じ程度丁寧になります。

覚えやすい方を使って構いません。

ちなみに”Who is calling?”というのは、例えば家に電話がかかってきた場合にも、使える表現です。

家の電話に出た場合は、”May I ask”をつけてとても丁寧な表現にする必要はありません。

 

「少々お待ちください」にあたるフレーズ

相手が誰と話したいのかわかったら、「少々お待ちください」と言って、担当者に変わります。これは日本語でも同じですね。

この場合はさまざまな言い方がありますが、下記のようなフレーズをひとまず覚えておきましょう。

Hold on a second, please.

Would you hold on a second, please?

(少々お待ちくださいい。)

Ill get him/her.

Ill put you through to him/her.

Ill connect you to him/her.

(彼・彼女におつなぎします。)

相手が誰と話したいのかわかれば、単に「少々お待ちください」というフレーズだけ言うのでも失礼にはありませんが、「おつなぎします。」のフレーズまでいうと、より丁寧ですね。

 

担当者がいない場合に使えるフレーズ

では、担当者がいなくて、電話を繋げないときにはどのようなフレーズを使えばいいのでしょうか。そんな時には下記のフレーズを使います。

He/She is not here right now.

(彼・彼女は今ここにいません。)

He/She is out of the office now.

(彼・彼女は外出中です。)

Would you like him/her to call you back later?

(後ほど折り返しさせましょうか?)

Can I take a message?

(伝言をお預かりしましょうか?)

このあたりを組み合わせて言えば、十分でしょう。

 

英語がわからない時に使えるフレーズ

最後に相手の英語がわからない時に使えるフレーズもご紹介しておきます。

これはまだ英会話が初心者だという人には重要なフレーズですから、覚えておきましょう。

I’m sorry but I don’t understand English well.

(すみません、私は英語があまりわかりません。)

I’ll get someone who speaks English.

(誰か英語が話せる者に代わります。)

このフレーズを言って、あとは「少々お待ちください」と繋げば、完璧です。

 

ビジネス英会話に最適なオンライン英会話

ここまで、電話をかける際に定番のビジネス英会話フレーズをご紹介しました。

初めにお伝えした通り、簡単な用件ならフレーズさえ覚えてしまえばなんとかなります。

しかし、簡単な用件だけでは済まず、複雑な会話になる場合もありますので、

しっかりとビジネスにふさわしい話し方をマスターすることをおすすめします。

 

そこで、ビジネス英会話をマスターするため、以下のオンライン英会話サービスをご紹介いたします。

 

比較記事もありますので参考にしてください。

5社徹底比較
オンラインで学ぶビジネス英会話【5社を比較解説しました】
オンラインで学ぶビジネス英会話【5社を比較解説しました】

続きを見る

 

Bizmates(ビズメイツ)|「ビジネスに特化」したオンライン英会話スクール

ビジネス英会話

◆「ビジネス経験者」のハイレベルなトレーナー
◆オンライン英会話に最適化された「独自メソッド」
◆日本人ビジネスパーソンのために開発された「オリジナル教材」 による高品質なレッスンで「ビジネスで成果をあげる」ことをコンセプトとしています。

オンラインで学ぶ「高品質」ビジネス英会話 Bizmates(ビズメイツ)

 

マイチューター|ビジネス英語に強いオンライン英会話

マイチューター

留学・ビジネス英語に強い オンライン英会話です。 レッスンカリキュラムに精通した講師レベルの高さに特徴があります。
「職業別ビジネス英語」 「ビジネス重要フレーズ1000本ノック」などが人気です。

ライバルの一歩先を行くビジネス英会話『職業別英会話プログラム』

 

まとめ

今回は電話を受ける側だった場合のフレーズをご紹介しましたが、覚えられそうでしょうか。

どうしてもいろいろ覚えられないと感じたら、英語がわからない時に使えるフレーズだけは覚えておくことをおすすめします。

 

-未分類

Copyright© DIY CHALLENGE , 2019 All Rights Reserved.