シチュエーション英会話 ビジネス英会話 英会話

ビジネス英会話定番フレーズ【電話をかける】

投稿日:

ビジネス英会話 電話

 

前回、ビジネス英会話の定番フレーズ【挨拶フレーズ】をご紹介しました。

今回は、電話をかける際の定番フレーズをご紹介いたします。

 

ビジネスの場で電話は必要不可欠ですよね。

英語を使って仕事をしたいなら、電話をかける際もビジネスにふさわしい話し方をマスターしておかなければなりません。

 

電話は相手の顔が見えないので、実際に話すよりも苦手だという人や、難しいと思っている人も多いでしょう。

しかしビジネスシーンでの電話は、使うフレーズが決まっているので、

簡単な用件ならフレーズさえ覚えてしまえばなんとかなる んです。

 

そこで今回は電話をかける際のビジネス英会話フレーズを、覚えやすいもの、よく使うものに厳選して、ご紹介していきます。

 

ビジネスで電話をかけるときの会話例

ビジネス 電話

 

まずはビジネスで電話をかけるときに、どのような会話が行われるのかをイメージするために、電話をかけるときの会話例をご紹介します。

(Aが電話を受ける側、Bが電話をかけた側となっています。)

 

A: ABC Company.
B: Hello, this is Kenji Tanaka from DDD corporation. May I speak to Mr. White, please?
A: This is he.
B: Oh, hello Mr. White. How are you today? I’m calling you to discuss about the file you just sent me this morning.

(和訳)

A: ABCカンパニーです。
B: どうも、DDDコーポレーションの田中けんじです。ホワイトさんはいらっしゃいますか?
A: 私です。
B: ああ、どうもホワイトさん。おかわりないですか?今朝お送りいただいたファイルの件について、お話したいと思いお電話差し上げました。

 

もちろんこれ以降も会話は続いて行きますが、このような雰囲気で電話をかけます。

重要なのは、自分がどこの誰なのか名乗り、誰と話したいのか、そしてどんな用件なのかを言うことですね。

 

自分がどこの誰かを名乗るフレーズ

 

電話をして相手が出たら、自分がどこの会社の誰なのかを名乗りましょう。

これにはあまりパターンはなく、上の会話例内のフレーズをそのまま使って問題ありません。

 

Hello, this is Kenji Tanaka from DDD corporation.
(どうも、DDDコーポレーションの田中けんじです。)

Hello”の部分は、

朝なら”Good morning.”と変えた方がいいでしょう。

しかし、”Hello”は時間帯を問わず使える挨拶フレーズなので、朝でも問題ありません。

単に、朝だけは”Good morning.”という人が多いというだけです。

 

電話で自分の名前を名乗るときには、

I am”ではなく、”this is”を使うということはしっかり覚えておきましょう。

My name is…”と言いたい場合は、

電話でも”My name is…”を使って構いません。

ただし、ほとんどの人は、”this is…”の言い方で名乗ります。

 

誰と話したいのかを伝えるフレーズ

 

自分の名前や会社名を名乗ったら、次は誰と話したいのかを伝えてみましょう。それには下記のようなフレーズが使えます。

May I speak to Mr. White, please?
(ホワイトさんはいらっしゃいますか?)

I would like to speak to Mr. White, please.
(ホワイトさんをお願いします。)

どちらも丁寧な言い回しなので、どちらを使っても構いません。

May I…?”の方が、疑問形にすることで、相手に決定権を与えているため、もう少し丁寧な言い回しだと言えるでしょう。

 

用件を伝えるフレーズ

 

話したい相手が出たら用件を伝えます。

用件はその時々によって異なるため、あなたがどんな用件で相手に電話をしているのか、あらかじめ英文にしておきましょう。

 

用件を伝えるときは、下記の会話例に出てきたフレーズのように言ってみましょう。

I’m calling you to discuss about the file you just sent me this morning.
(今朝お送りいただいたファイルの件について、お話したいと思いお電話差し上げました。)

I’m calling you to…”の部分は、

相手が話したい本人であれば”you”でいいのですが、話したい相手以外に用件を伝える場合は、

I’m calling to…”と”you”の部分を削除します。常にこちらに統一しても構いません。

 

I’m calling (you) to…”のあとに、なんのために電話をかけているのか、その詳細を伝えます。

 

話したい相手がいなかった場合に使えるフレーズ

 

電話をしたにも関わらず、相手がその場にいなくて直接電話ができないということもありますよね。

そんなときには、こんなフレーズを使ってみましょう。

Could I leave a message for him(her)?
(彼(彼女)に伝言をお願いできますか?)

Would you have him/her call me when he(she) is back?
(彼(彼女)が戻ったら、お電話いただけるようにしていただけますか?)

I’ll call him/her again.
(またお電話します。)

Do you know what time he(she) is going to come back?
(彼(彼女)の戻りの時間はおわかりですか?)

 

こういった感じでしょうか。

最後に、電話を切るときには、相手に”Thank you.”とお礼を伝えてから電話を切ります。

 

ビジネス英会話に最適なオンライン英会話

 

ここまで、電話をかける際に定番のビジネス英会話フレーズをご紹介しました。

初めにお伝えした通り、簡単な用件ならフレーズさえ覚えてしまえばなんとかなります。

しかし、簡単な用件だけでは済まず、複雑な会話になる場合もありますので、

しっかりとビジネスにふさわしい話し方をマスターすることをおすすめします。

 

そこで、ビジネス英会話をマスターするため、以下のオンライン英会話サービスをご紹介いたします。

 

比較記事もありますので参考にしてください。

5社徹底比較
オンラインで学ぶビジネス英会話【5社を比較解説しました】
オンラインで学ぶビジネス英会話【5社を比較解説しました】

選択肢の多いオンライン英会話ですが、各社とも得意な分野や特徴があります。今回はその中でもビジネス英会話に特化したオンライン英会話にスポットをあてて比較解説していきます。各社とも強みがありますので是非参 ...

続きを見る

Bizmates(ビズメイツ)|「ビジネスに特化」したオンライン英会話スクール

ビジネス英会話

◆「ビジネス経験者」のハイレベルなトレーナー
◆オンライン英会話に最適化された「独自メソッド」
◆日本人ビジネスパーソンのために開発された「オリジナル教材」 による高品質なレッスンで「ビジネスで成果をあげる」ことをコンセプトとしています。

オンラインで学ぶ「高品質」ビジネス英会話 Bizmates(ビズメイツ)

 

マイチューター|ビジネス英語に強いオンライン英会話

マイチューター

留学・ビジネス英語に強い オンライン英会話です。 レッスンカリキュラムに精通した講師レベルの高さに特徴があります。
「職業別ビジネス英語」 「ビジネス重要フレーズ1000本ノック」などが人気です。

ライバルの一歩先を行くビジネス英会話『職業別英会話プログラム』

 

まとめ

 

今回はビジネス英会話で、電話をかける時のフレーズをご紹介しましたが、上手に電話をかけることはできそうでしょうか。

 

実際のビジネスの場に入ってみると、意外と普通にここでご紹介したフレーズがバンバン使われています。

ビジネスで英語を使うような状況になった場合は、周囲の人がどのように電話をしているかにも注目してみてくださいね。

 

オンライン英会話 ビジネス英会話

オンライン英会話 ビジネス英会話 英会話

2019/5/11

オンライン英会話でビジネス英語を身に付けよう!おすすめの教材についても紹介

  近年多くの企業でグローバル化が進み、普通のサラリーマンでも、ある日突然英語を話す機会に出くわすという話も珍しくありません。 海外に限らず、国内で働いていても英語が求められる時代です。 ただ英語力を身につけるだけでなく、ビジネスの場で使える英語が学びたい 自分の英語がビジネスの場において失礼な表現になっていないか心配   こんなことを考えている人も多いのではないでしょうか。 そこで本記事では、オンライン英会話を通じてビジネス英語を身につけるためのコツついて解説していきます。 オンライ ...

ReadMore

【ビジネス用】オンライン英会話

オンライン英会話 ビジネス英会話 英会話

2019/4/16

ビジネス用のオンライン英会話【それぞれの特徴をしっかり解説】

  英会話を学んでいる人の中には、その英語をビジネスに生かしたいと考える人もいるでしょう。しかしオンライン英会話でビジネス英会話を身につけられるのか、不安に思う人もいるかもしれません。 結論から言えばオンライン英会話でもビジネス英会話を身につけることはできますし、多くのオンライン英会話がビジネス英語対応をしています。 そこで今回はビジネス英語を身につけるのに最適なオンライン英会話を、その特徴とともにご紹介していきます。ビジネス英語もオンライン英会話で身につけたい人はぜひ参考にしてみてくださいね。 ...

ReadMore

ビジネス英語メール【メールでの挨拶】1

ビジネス英会話 英会話

2019/3/16

ビジネス英語メール【メールでの挨拶】

ビジネス英会話はまだ難しくても、メールならなんとかいけそう・・・と思う人もいるのではないでしょうか。 メールは時間を取って書くことができるので、確かに会話よりはうまくできるはず。 しかし日本語のビジネスメールにも決まり文句があるように、英語にも決まり文句というのがあるんです。 そこで今回は、英語のビジネスメール基本編として、基本的な挨拶のフレーズをご紹介していきます。 ビジネス英会話が無理だという人も、まずはメールから始めてみましょう。 ビジネスメールの基本的な体裁 ビジネスメールのフレーズをご説明する前 ...

ReadMore

オンライン英会話 ビジネス英会話 英会話

2019/3/16

オンラインで学ぶビジネス英会話【5社を比較解説しました】

今や、オンライン英会話スクールは、沢山ありすぎていくつあるのかわからないくらいですよね。 それだけ選択肢の多いオンライン英会話ですが、各社とも得意な分野や特徴を作ることで、他社との差別化をはかっています。 その1つとなるのが、ビジネス英会話に特化したオンライン英会話や、ビジネス英会話を得意としているオンライン英会話の存在。 英会話を学習中の人の中には、オンライン英会話でビジネス英会話をマスターしたいと思っている人もいるでしょう。 今回はオンライン英会話の中でもビジネス英会話に特化したものや、ビジネス英会話 ...

ReadMore

ビジネス英会話

2019/3/16

ビジネス英会話定番フレーズ【電話を受ける】

前回、ビジネス英会話定番フレーズ【電話をかける】をご紹介しました。 今回は、電話をかける際の定番フレーズをご紹介いたします。 海外から電話がかかってくる部署にいると、電話をとったときに英語が必要になることもあるでしょう。 また、英語圏で働く場合は、電話も英語オンリーとなるはずです。 電話応対なんて、英語でできないと思うかもしれませんが、実は定番フレーズさえ覚えてしまえば、英語での電話応対はそれほど難しくありません。 今回は電話を受けるときのビジネス英会話フレーズを、定番且つ覚えやすいものに絞ってご紹 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
さゆり

さゆり

こんにちはさゆりです。 イギリス在住歴5年・現役プライベート専門英語講師の経験を活かして語学に関する話題を中心にブログを配信しています。よろしくお願いします。

-シチュエーション英会話, ビジネス英会話, 英会話

Copyright© チャレンジBLOG , 2019 All Rights Reserved.