未分類

ベビーカーで電車やバスに乗る【工夫と注意点】

投稿日:

ベビーカーで電車やバスに乗る【工夫と注意点】

ベビーカーで電車やバスに乗る【工夫と注意点】

 

はじめに

 

赤ちゃんと一緒に外出する場合、抱っこひもかベビーカーを使ってお出かけされることが多いでしょう。

特に、ベビーカーだと荷物ものせられるので非常に便利ですし、パパやママの体に負担がかかりません。

ただ、ベビーカーで電車やバスに乗る場合、注意すべき点がいくつかありますので、わたくしSUZUKOが自らの体験も踏まえ、気になることをまとめてみたいと思います。

 

ベビーカーで電車やバスに乗る時の注意点

ベビーカーは本当に必要かどうか?

そもそも、その日の外出にベビーカーが本当に必要かどうかを考えることも大切です。

場合によってはベビーカーが負担になる場合もありますので、お出かけ先でレンタルしたりする方法もありでしょう。

抱っこひもで過ごせるなら抱っこひもでお出かけすることも考えてみましょう。

 

ベビーカーの安全を確認

べビーカーでお出かけする前に、赤ちゃんが安全に過ごせるかどうかをチェックしましょう。

ある程度頑丈に作られているものの、頻繁に使っているとベビーカーの調子が悪くなっていることもありますし、部品が壊れている場合もあります。

そのため、お出かけ前に部品の破損がないか、きちんと動くかどうかなど安全をチェックしておきましょう。

特にチェックすべきなのは最も負担のかかる車輪部分です。

 

シートベルトをしっかり締める

これは私の苦い体験からアドバイスしたいことなのですが、シートベルトはしっかりと締めるようにしましょう。

私自身、ベビーカーでお買い物をしていた時につい面倒でシートベルトをせずにいたため、まだ赤ちゃんだった娘がベビーカーから落ちてしまったことがありました。

スーパーなのでよかったですが、これが電車のホームならどんな事故につながっていたか分かりません。

また、ある程度動くようになった赤ちゃんの場合、シートベルトを締めていないと目を離したすきにベビーカーによじ登り転倒する可能性もあるので、絶対にシートベルトは締めるようにしてくださいね!

 

ぐずり対策をしておく

よく赤ちゃんは泣くのが仕事と言いいますが、バスや電車は多くのお客さんが乗っているので迷惑になることが多いです。

そんな時のため、バスや電車に乗る前におもちゃやお菓子などを持参し、ぐずり対策を考えておきます。

何をやっても泣き止まない場合はいったん電車を降りるというのもありですね。

一度下りれば、赤ちゃんも気分がリフレッシュされ泣き止むかもしれません。

 

優先場所を確認する

電車の車両にはベビーカーや車いすの優先場所がある場合が多いので、乗車前にその場所がある車両を聞いておき、そこに乗車するのがオススメ。

優先場所ならそのままで乗車してもスペースが広いので周りの人に迷惑をかける心配がありません。

外の景色を見せながら赤ちゃんと楽しく電車に乗ることができますよ?

もし、優先座席の場所に乗る場合はベビーカーをたたまずにいると通路がさえぎられるため、きちんとたたむようにしましょう。

 

運行状況や混雑状況をあらかじめチェックする

これは当然と言えば当然ですが、電鉄会社やバス会社のホームページやアプリなどを使い、混雑状況などをチェックしておきましょう。

何時頃に乗車すれば混雑するのかを知っておけば、赤ちゃんにも負担がかからずに済みます。

 

ホームでは先頭に並んでおく

電鉄会社の職員の方によれば、ベビーカーで電車に乗る際、列の最初に並び乗り込むのがベストだそう。

その理由は最後に乗ってしまうと、ドアに挟まれてしまったり、急に乗り込んできた人に押されてしまうからです。

 

タイヤが引っかからないよう注意

バスや電車に乗り込む際、タイヤが引っかかりやすいので注意しましょう。

また、ベビーカーはスペースを取るので人にぶつからないよう気を配りましょう。

乗車したらできるだけ隅の方に寄っていただき、車輪をロックし他の方に迷惑にならないよう注意してくださいね。

 

赤ちゃんから目を離さない

バスや電車に乗ったら、パパやママがホッと一息つきたい気持ちも分かりますが、気づかない間に赤ちゃんが周りの乗客に迷惑をかけてしまうかもしれないので、常に目を離さないようにしましょう。

それに、急に揺れたりすると赤ちゃんが危険なので、スマホやおしゃべりに夢中になるのは要注意です。

 

まとめ

赤ちゃんとベビーカーでお出かけするのは楽しいものです。

ただ、バスや電車に乗るとなれば周りの人に迷惑がかかることもありますし、赤ちゃんが危険にさらされる可能性もあります。

前もってできることはやっておき、バスや電車に乗ってからも周りの人に迷惑がかからないよう細心の注意を払いましょう。

そうすれば、意外と寛大な目で見てくれる人が多いものです。

私もよくバスや電車でベビーカーに赤ちゃんを乗せたパパやママを見かけますが、周りに気を使っているのを見ると、何かあったら助けてあげようと思えます。

みなさんが赤ちゃんと一緒に楽しく安全にお出かけできること、願っています!

-未分類

Copyright© DIY CHALLENGE , 2019 All Rights Reserved.