未分類

レストランで使う英会話【初心者もこれだけはおさえよう】

更新日:

レストランで使う英会話

レストランで使う英会話

 

はじめに

 

海外旅行に行った時、簡単な英語でも知っておくといいのがレストランでしょう。

英語圏以外でも観光地のレストランなら英語がそれなりに通じますし、欲しいものをきちんと注文するためには多少の英語はできた方が安心ですよね。

 

英会話初心者だと、レストランで英会話で注文なんてハードルが高い!

と思うかもしれませんが、レストランで言うことなんて決まり文句ですから、丸覚えしてしまえば誰でもレストラン用の英会話ができるようになるでしょう。

 

そこで今回はレストランで使える英会話フレーズを、シンプルなものに絞ってご紹介していきます。

 

海外旅行中のレストランで、しっかり英語を使いたいという人はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

入店したらまずは挨拶をすること!

日本ではあまりそこまで重視されませんが、海外のレストランに入ったら必ず挨拶をするようにしましょう。

挨拶はごく簡単なもので問題ありません。

・Hello.

・Hi.

 

入店後にスタッフが近づいてきたら、この二つのどちらかをすかさず口にしましょう。

”Hi.”の方がカジュアルよりなので、かしこまったレストランでは”Hello.”の方が望ましいでしょう。

 

 

人数や予約の有無を伝える

レストランでの英会話

軽い挨拶をしたら、スタッフから予約の有無や人数を訊かれます。

”How many people…”

と聞こえたら、何名での来店かを訊かれていて、

”reservation”や”book”

という単語が聞こえたら、予約の有無を確認されていると思って大丈夫です。

 

人数や予約の有無は以下のように伝えることができます。

 

・I have booked a table at 7.00 pm.

(7時にテーブルを予約しています。)

・I haven’t reserved a table.

(予約はしていません。)

・For 2 people, please.

(2名です。)

・Is there a table for 4?

(4名用の席は空いていますか?)

 

必要に応じて、このあたりのフレーズを口にすれば完璧に伝わります。

 

「もう少し時間をください」と言う

テーブルに着いたら、スタッフが飲み物や食べ物のオーダーをしに来ます。

”Are you ready to order?”

(注文はお決まりですか?)

そのときにまだオーダーが決まっていなければ、「待ってください」「もう少し時間をください」と言いたくなるでしょう。

そんなときに使えるフレーズはこれです。

 

・Could you give us more time?

(もう少し時間をいただけますか?)

・Could you give us a couple of minutes, please?

(もう2、3分くらいいただけますか?)

・Not yet. Just a moment, please.

(まだです。もう少し待ってください。)

 

こんな感じでしょうか。

言いやすいものを選ぶといいでしょう。一番最後のフレーズはシンプルで言いやすいので、英会話初心者でもすぐに覚えることができるのではないでしょうか。

 

 

注文をする(おすすめを訊く)

欲しいものを決めたら次は注文です。

メニュー名は結構難しいことも多いので、そういった場合は指差しでオーダーして問題ありません。

指をさしながら言えるフレーズやおすすめを訊くフレーズをご紹介します。

 

・Can we have this one please?

(これを頂けますか?<指をさしながら>)

・What do you recommend?

(何がおすすめですか?)

・I’ll have that one, please.

(それをください。)

 

とりあえずこのくらいのことが言えれば、注文はできるはずです。

もしもメニュー名がいえそうな場合は、

”Can we have XXX please?“と「XXX」のところにメニュー名を入れてお願いしてみましょう。

 

 

何かしてもらうごとにお礼を忘れずに!

注文をしたあと、飲み物や食べ物が運ばれてきたとき、皿を下げてもらったときなどは、必ずお礼を伝えてください。

お礼は”Thank you.”と簡単で構いません。

これが自然と出るように、”Thank you.”も練習しておきたいですね。

 

「大丈夫です。」と言う

飲み物が空になっていたり、食べ物を全て食べ終わったりすると、

「何か他に要りますか?」「デザートはいかがですか?」というようなことを訊かれます。

また突然

”Is everything ok?”(すべて大丈夫ですか?)

のように訊かれることもあります。

 

そういった場合に、特に用事がなければ「大丈夫です。」と伝えることが必要です。

そんな場合にはこのフレーズを使ってみましょう。

 

・We are fine, thank you.

(大丈夫です。ありがとう。)

 

ここでも「ありがとう」の一言は添えるようにしてくださいね。

 

 

お会計を頼む

レストラン英会話

海外のレストランでお会計を頼むとき、もしも担当ウェイター・ウェイトレスが遠くにいる場合は、ペンを持って何かを書く仕草をしたり、チェック印を空中で指で書けば伝わります。

もしも近くにいて言葉でお会計が欲しいことを伝えたいときは、以下のフレーズを言ってみましょう。

 

・Can we have a check (bill), please?

(お会計をお願いします。)

・Check (bill), please.

(お会計してください。)

・Can we pay?

(お支払いできますか?)

 

Checkはアメリカ英語、Billはイギリス英語なので、自分がどこにいるかで使い分けるといいでしょう。

長い言葉を覚えるのが難しければ、単に”Check, please.”のように言っても特に失礼ではありません。

 

お店を出るときもお礼と挨拶は忘れずに

お店を出るときにも、またお礼を言うようにしましょう。

お礼と挨拶をひとかたまりで覚えておくと便利です。

 

・Thank you very much. Have a nice day.

(ありがとうございます。良い1日を。)

 

もしレストランに行ったのが夜の時間帯なら、

”Have a nice day.”を”Good night.”と言い換えるといいでしょう。

 

まとめ

今回は海外のレストランで使える簡単な英会話フレーズをご紹介しましたが、覚えられそうでしょうか。

あまり英語が話せないのなら、難しいフレーズを覚えるよりもシンプルに徹して、”Thank you.”や”Please.”といった言葉を忘れないようにすることをおすすめします。

簡単なフレーズでも英会話でやりきれば、充実感はあるはずです。

覚えられそうなものをしっかり覚えて、レストランに行くときに活用してみてくださいね。

-未分類

Copyright© DIY CHALLENGE , 2019 All Rights Reserved.