未分類

確定申告のやり方【完全初心者向けガイド】

確定申告

確定申告

 

はじめに

もうすぐ煩わしい確定申告の時期がやってきます。

確定申告は何も個人事業主だけが行うものではなく、会社員の方でも場合によっては行わなければなりません。

ここでは、初心者の方向けに確定申告の流れや必要書類などをご紹介します。

 

確定申告が必要な人とは

確定申告が必要な人とは

確定申告が必要な人は給与年収が2,000万円を超えたり、給与以外に20万円を超える所得がある人です。

一般的に自営業者の方は毎年確定申告しているはずですし、不動産所得がある方なども収入に関係なく毎年申告されているでしょう。

そのため、上のような方は基本的にいつも通りに確定申告していただければいいですが、注意すべきなのが会社員など所得税を源泉徴収されている方。

所得税を源泉徴収されている方は会社が年末調整という形で手続きを全てしてくれていますが、確定申告しなければならない場合があります。

それは、副業や株などで収入があったり、世帯で10万円を超える医療費がかかった場合、ローンを組んで家を購入した場合、年末調整の後に結婚したり出産した場合…などです。
これらにあてはまる会社員の方は今まで確定申告したことがなくても、行わなければならないことを覚えておいてくださいね。

くわしくはこちらの記事をご確認ください

確定申告必要?不要?
確定申告が必要なケースと不要なケース【あなたに必要かがわかります】

続きを見る

 

確定申告手続きの流れ

確定申告手続きの流れ

それでは具体的な確定申告手続きのながれについてご説明していきます。

必要書類を入手する

まず、必要な書類を入手しなければなりません。

もっとも簡単なのは税務署に行ってもらう方法で、この時期なら分かりやすく目印が書かれているはずなのでもらいに行くのも1つの方法です。

ただ、申告書をもらいに行く場合、管轄税務署でないともらえないのか…と思われる方も多いでしょうが、所得税は国税なので管轄は国の機関である国税庁です。

管轄に関係なくどの税務署に行っても様式は同じなので、駅の近くや自宅近くの出張所などでもらってもかまいません。

その時間さえない!という方のためにおすすめのがWebからダウンロードする方法。

国税庁のホームページから確定申告書をダウンロードするだけなのでカンタンです。

 

必要な書類の詳細についてはこちらの記事で確認できます。

確定申告 必要書類
確定申告に必要な書類【2019年版チェックリスト】

続きを見る

各種証明書を入手する

確定申告の際に各種証明書が必要になります。

これがないと確定申告の際に税金や所得税の控除、特例などを受けることができないため、必ず手に入れておきましょう。

各種証明書の代表的なものは次のとおりです。

・社会保険料控除証明書、生命保険控除証明書
・源泉徴収票(給与所得や公的年金所得)
・特定口座年間取引報告書
・住民票や登記事項証明書
・住宅ローンの年末残高証明書
・医療機関の領収書

…など。

確定申告書を作成する

さて、各種証明書が用意できたら、いよいよ確定申告書の作成に入っていきます。

住所氏名、収入・所得金額、所得控除金額、税金、還付される税金の受け取り場所、延納の届け出、住民税や事業税に関する事項…などを記載していきます。

もし、自信がない場合は国税庁のホームページにアクセスすれば、ガイダンスに沿って入力するだけで確定申告書が作成、印刷できるコーナーがあるので利用してみるといいでしょう。

最終チェック

確定申告書が完成し必要な書類や持ち物が全て揃ったら、記載漏れがないかどうか不備がないかどうか最終チェックを行いましょう。

もし、不備や記載漏れがあったら修正申告しなければならない場合があります。

最終チェックが住めば、期限までに管轄の税務署に提出しましょう。

もし、郵送したいという場合は消印の日付が期限内になるよう早めに送付しましょう。

 

税務署に行って提出

書類が作成でき、税務署に提出するとなった時に必要な持ち物は次のとおりです。

・マイナンバーカード(本人および扶養者または事業専従者のもの)

・健康保険証や免許証などの身分を証明するもの

・印鑑(シャチハタはダメ)

・還付を受ける場合の指定口座の通帳

 

確定申告はクラウド会計ソフトを使うと便利です。

 

確定申告書で困ったら

確定申告書で困ったら

初めて確定申告される方のために分かりやすく必要書類や持ち物、流れをご紹介しましたが、やはり初心者にとって敷居が高いのは言うまでもありません。

このような場合どうすれば?どうせやったところでそんなに還付されないだろう…などと思ったり、源泉徴収票があってもなにをどうすればいいのか分からない…という方のために耳よりな情報があります。

それは税務署に行くこと!

確定申告の時期になると、臨時的に税金の専門家税理士さんが初心者でも分かるようにていねいに確定申告のやり方を教えてくれます。

それに、何か税金について相談があれば、相談にも乗ってくれるんです。

しかも、驚くことに無料で!

これって、利用しない手はありませんよね?

 

まとめ

初心者の方のために確定申告書に必要な書類や持ち物、流れを分かりやすくご紹介しました。

会社員の方など、全く確定申告が初めて…という方はぜひ申告会場に行って確定申告をされるのが間違いなさそうです。

ただ、そういった場合でもある程度確定申告についての知識を身につけておいていただき、ある程度申告書も記載した上で行かれることをおすすめします。

初めての確定申告。

ぜひ、スムーズに終わられることを願っています!

-未分類

Copyright© DIY CHALLENGE , 2019 All Rights Reserved.