未分類

【黒い砂漠モバイル】領地の説明と育成方法

更新日:

領地の説明と育成方法

はじめに

黒い砂漠モバイルには、領地というシステムがあります。

突然、依頼報酬で領地をもらったので、私は「領地ってなに?」と疑問に思いました。

そもそも領地という言葉自体が、聞きなれないもので、いったいどう使っていいのかよくわからなかったです。

きっと同じようにわからない人が、他にもたくさんいると思います。

そんな理由から、今回は領地の説明と育成方法を、実際の経験をもとにご紹介します。

 

領地の説明と、領地でできること

 

黒い砂漠モバイルの領地とは、装備を製作したりできる自分の拠点です。

自分の拠点と書きましたが、人を「領地民」として雇うこともできます。

その領地の入手条件は、依頼「領地を得るために」を達成することです。

依頼を達成するだけなので簡単に手に入りますよ。

 

領地でできることには、領地民を雇うこと以外にも、建設、農業、製作などがあります。

下に領地で建設できる施設と、そこでできることを一覧にしてみます。

また建設物の段階(レベル)によって領地民の人数や、入手できるアイテムの数が変わってきます。

 

宿舎 領地民を雇用できる
菜園 作物を栽培し収穫すると食糧になる
造園工房 領地を飾るアイテムの製作ができる
畜舎 食糧になる家畜を飼育できる
貿易工房 貿易品を製作できる
抽出所 潜在力突破装備からブラックストーンを抽出できる
貿易所 資源交易をして不足している資源を獲得できる
精製所 定期的なブラックストーンの獲得ができる
装備工房 装備の製作ができる
錬金工房 ポーション類とクロン石の製作ができる

 

領地民についての説明

領地民について

 

まず、領地民は施設「酒場」から雇うことができます。

上のスクリーンショットには、3人の領地民候補がいます。

名前の色が白と青で2種類ありますが、この名前の色の違いで最大レベルがいくつなのか、わかるようになっています。

白10<緑20<青30<紫40<黄50

と、右に行くほど最大レベルが大きくなります。

 

そして、雇うためには、キャラクターの貢献度が必要になります。

このスクリーンショットで言うと、金色の雇用ボタン内の「2」「5」「5」が、ぞれぞれ必要な貢献度の数です。

 

次に領地民を雇うとどうなるかですが、領地民は自分の代わりに採集や建設をしてくれます。

領地民に代行してもらうことのメリットは、キャラクターの行動力が減らないことと、自分が行動しなくていいので時間短縮になることです。

できるだけたくさん領地民を雇って、作業を代行してもらいましょう。

 

しかし、領地民に採集や建設をしてもらうのには「食糧」が必要になります。

食糧になる作物は、菜園で種を植え、育ったあとに収穫できます。

また畜舎で家畜を飼育して、食糧にすることもできます。

食糧は切らさないように注意することが必要です。

作物の種は、いつも持っておきましょう。

 

そのほかに、領地民には100が上限の「忠誠度」があります。

会話したり、励ましたり、プレゼントをすることで領地民の忠誠度が上がります。

忠誠度が下がってきた領地民を見つけたら、会話や励ましやプレゼントで、忠誠度を回復させることも重要です。

プレゼントできるアイテムは、村にある商店で購入したり、モンスターを倒したときに入手できたりします。

プレゼントできるアイテムを入手したら、忠誠度が下がった時のために、保管しておきましょう。

 

領地の育成方法

領地の育成方法

 

黒い砂漠モバイルの領地は、入手したら終わりではなく、育てていくことができます。

育て方の基本の流れは

step
1
領地民を雇う

step
2
施設を領地民に建設してもらう

step
3
足りない素材を領地民に採集してもらう

 

この3つを繰り返すことになります。

そして施設にはたくさんの種類があります。

また種類だけでなく、段階(レベル)もあります。

例えば施設Aができたから施設Cを建てようと思っても、施設Cを建設する条件に「施設Aが3段階であること」や「施設Aと施設Bが2段階であること」などがあるので、領地を得たからといって、すぐに施設を建設しまくるということはできません。

ほしい施設があるなら、その施設の建設に向けて、計画的に建設を進めていく必要があります。

 

領地を育成するとメリットがたくさんある

領地を育成するメリット

 

領地を入手して、施設を建設することで、アイテムの入手ができるものがあります。

例えば「精製所」という施設では、一定時間ごとにブラックストーンを入手することができます。

そして精製所の段階を上げると、入手できるブラックストーンの量が増えます。

また、施設以外にも領地内に突然、手のマークが表示されることがあります。

 

手のマークは、タップすることでアイテムを入手できる合図です。

鉱石だったり、木や植物だったりします。

何もしていないのに落ちていて、拾うことができるのはお得感がありますね。

 

ほかには、例えば「宿舎」という施設があると領地民が雇えますが、その宿舎の段階を上げると雇える領地民の上限が増えます。

そのように、「施設を作る⇔施設の段階を上げる」を繰り返すことで、既存の施設での上限が上がったり、新しい施設の建設が可能になったり、領地でできることがどんどん増えていきます。

 

領地をもらってすぐの頃は、精製所でのブラックストーン入手量が1つのみ、菜園で食糧を獲得するだけだったとしても、地道に領地を育成することで、いつの間にかブラックストーンの入手量は3つになり菜園からの収穫しかできなかったのに、装備も作れる領地になっています。

なので領地は入手するだけでなく育てていくことで、大きなメリットになります。

 

さいごに

 

領地がどんなものなのか、どういったことができるのかを書いてみました。

黒い砂漠モバイルでは突然領地を入手するので、正直頭の中は「?」でいっぱいになってしまうと思います。

でも地道に育てていくことで必ずプレイに役立つので、ぜひ領地も育成してみてくださいね。

-未分類

Copyright© DIY CHALLENGE , 2019 All Rights Reserved.