未分類

ベビーバスおすすめ10選【タイプ別でご紹介します】

更新日:

おすすめベビーバス

おすすめベビーバス

 

はじめに

最近では赤ちゃんが産まれた際に、必須アイテムとなっているベビーバス。

短い間しか使用しないですが、生後まもない赤ちゃんは免疫力が弱いため、ベビーバスを活用していきましょう。

最近のベビーバスは、さまざまなタイプが発売されており「床置きタイプ、マットタイプ、シンクタイプ」と自分のライフスタイルにあったベビーバスを選ぶことができます。

ここではタイプ別のおすすめベビーバスを、孫育て中のSUZUKOが解説してみたいと思います!
これからベビーバスを用意するというパパやママ必見です!

 

エアータイプ

 

空気を入れて膨らませてから使用するベビーバスです。

リッチェルふかふかベビーバスW グリーン

我が家では、今まさにこのベビーバスを使って赤ちゃんの沐浴を行っています。

床に置いて使ってもいいですが腰に負担がかかるので、我が家ではお風呂の蓋の上に置いて使っています。

沐浴が終わったあとは、ベビーバスの中にバスタオルなどを敷きパパやママがお風呂に入っている間、一時的に赤ちゃんを入れておくのに使えます。

また、夏場にはベランダやお庭で水遊びをさせるのに使ってもいいですね!

■本体サイズ:D68cm×W47cm×H29cm

■素材:塩化ビニール樹脂

■対象:0ヶ月〜3ヶ月

 

赤ちゃんにやさしいやわらかクッションのふかふかベビーバスです。バスネットを使わなくてもOK!新米パパ&ママもラクチンです。

イマージ エアーベビーバス アイボリー

このベビーバスの最大の特徴は非常に軽く丈夫なことです。

使った後は折りたたむことができ、コンパクトになるため置き場所に困りません。

収納スペースにお困りのご家庭に最適です。

■本体サイズ:D62cm×W43cm×H28cm

■素材:非フタル酸系PVC

■対象:0ヶ月〜6ヶ月

空気で膨らませているため、沐浴中に縁にママの腕やお子様が当たっても痛くはありません。使わない時はコンパクトに折りたたんでおくことができるので、収納することに困りません。

 

床置きタイプ

 

オーソドックスな、床に置いて使用するベビーバスです。

永和BABY CRAFT ベビーバス 床置きタイプ

この商品は少し大きめでスペースは取るものの、中が平らになっているので使い終わったらミニプールとしても使用できます。

また、横にスライドするだけの止水栓なので、ふたがなくなる心配もありません。

■本体サイズ:L29cm×W80cm×h50.3cm

■素材:ポリプロピレン 、TPR

■対象:0ヶ月〜3ヶ月

ゆったりサイズの床置き型ベビーバスです。滑り止め付きで濡れた場所でも安心して使用できます。

 

リトルプリンセス フォールディングバス

このベビーバスは見た目もカラフルなのが特徴で、カラーは4種類から好きなものが選べます。

また、しっかりとした滑り止めがついているため、滑りやすいお風呂場でも安心して赤ちゃんを沐浴させることができます。

さらには、石鹸などを置くトレーがついていたり、止水栓つきで水抜きも簡単に行えるため機能性が高いのも特徴です。

よく、ベビーバスががたつくのがイヤだという声を聞きますが、これだとその心配もないのでパパやママも安心です。

使い終わったら6センチの厚さにでき、フックで吊っておけるので収納スペースも取りません。

■本体サイズ:D47cm×W81cm×h23cm

■素材:ポリプロピレン、エラストマー

■対象:0ヶ月〜6ヶ月

コンパクトにたためるベビーバスです。安定感抜群の大きめサイズです。フックがついていますので、吊るして干せば場所も取りません。便利なトレーが二箇所付いています。

 

IKEAレットサム

オシャレな家具や雑貨でおなじみのIKEA。

そんなIKEAのレットサムはシンプルなデザインです。

お手入れしやすく細部にカビが生える心配がないので、赤ちゃんを安心してお風呂に入れてあげられます。

また、バスタブの裏と内側に滑り止めがついていて滑りにくい構造です。

何より価格が安いのがありがたいです。

■本体サイズ:L71cm×W43cm×h20cm

■素材:ポリプロピレンプラスチック

■対象:0ヶ月〜6ヶ月

バスタブの底と裏にはゴムの滑り止めが付いています

 

SKIP HOP(スキップホップ) ホエールバスタブ

スキップホップはアメリカで人気のブランドです。

メッシュ製の背もたれがついているので、とても沐浴させやすいタイプ。

初めての沐浴は誰でも不安ですが、このタイプなら安心できます。

しかも、背もたれの部分は赤ちゃんが大きくなるのに合わせて調節可能です。

また、ベビーバスとしての役目が終わったら水遊び用として使用することもできるので、長く使えるのもうれしいです。

■本体サイズ:W70cm×D48cm×H29cm

■素材:ポリプロピレン、ポリエステル、ポリエチレン、塩化ビニル樹脂(非フタル酸)

■対象:0ヶ月〜6ヶ月

 

おたんじょうから3WAYで長く使えるベビーバス。 メッシュの背もたれ付きで安心のバスタイムを。

 

マットタイプ

洗面台やシンクの底にマットを敷き、お湯を貯めるタイプのベビーバスです。

赤ん坊カンパニー 安心・やわらか沐浴マット

この商品は水キレがよく表面がメッシュでできているので赤ちゃんの肌当たりもいいです。

脱水機にかけることもできるので便利です。

また、旅行や帰省などにも持っていきやすいコンパクトタイプになっております。

■本体サイズ:W53cm×D70cm×H1cm

■素材:クッション:ポリウレタン、メッシュ:ポリエステル、テープ類:ナイロン

■対象:0ヶ月〜6ヶ月

洗面台が沐浴バスに早変わり! 透水性スポンジを採用し、水切れバツグン! 表面がメッシュなので肌触りもさらっとしています。

 

リッチェル Richell ひんやりしないおふろマットR

この商品は、とっても軽いのでママが片手でも楽に取り扱うことができます。

水切れもよく手入れが簡単ですので、初めての子育ての方にはおすすめです。

■本体サイズ:W68cm×D47cm×H29cm

■素材: ポリプロピレン

■対象:0ヶ月〜6ヶ月

保温性のある発泡素材、肌触りのあたたかいソフトな素材です。水切れが良く、耐久性にも優れています。

 

シンクタイプ

赤ちゃんを沐浴させる際、腰に負担がかかるのはつらいですよね?

マットタイプと違い、シンクや洗面台にはめ込んで使用するベビーバスなので、腰の負担を軽減できます。

パジ バスタブ 洗面台やシンクで立ったまま沐浴座浴

こちらはシンクタイプの中でも特にマットに近いタイプで持ち運びしやすいのが特徴です。

ベビーバスに水を入れてこれを置くのではなく、水をかけながら使用するタイプ。

旅行などに持って行くのに最適で、乾きやすく管理しやすいのが特徴です。

旅行や帰省が多いご家庭にぴったりです。

■本体サイズ:W59cm×D23cm

■素材:EVAフォーム

■対象:0ヶ月〜6ヶ月

 

カーブの付いた洗面台のくぼみに設置して使用する乳児用コンパクト沐浴タブです。洗面台を使用するので無理な姿勢で洗う事が無く快適です。

 

リトルプリンセス ブルーミングバス

シンクにお花が咲いたようなデザインのかわいいタイプのベビーバスです。

まるでお花の中でお風呂に入っているかのよう。

可愛い赤ちゃんがますます可愛く見えるかもしれませんよ?

厚みがありクッション性もしっかりしているので、安心して赤ちゃんを沐浴させることができます。

使用後はおむつ変えマットに使うこともできます。

■本体サイズ:W83cm×D83cm×H3cm

■素材:表地:ポリエステル/中綿:ポリウレタン

■対象:0ヶ月〜6ヶ月

新生児時期の沐浴は、立って入浴させてあげるスタイルがラクですが、シンクに敷くタイプの沐浴マットは、薄く安定させることが難しいこともしばしばです。

 

まとめ

ベビーバスと一言で言ってもさまざまなタイプがあり、それぞれのご家庭のライフスタイルに合わせて、最適なものを選ぶことが重要です。

赤ちゃんはもちろん、パパやママも沐浴をストレスに感じなくて済むよう、そして楽しみながら沐浴できるベビーバスを選んでみてくださいね!

-未分類

Copyright© DIY CHALLENGE , 2019 All Rights Reserved.