未分類

英会話で伸び悩みを感じたら【特徴とやるべきこと】

更新日:

英会話 伸び悩み

英会話 伸び悩み

 

はじめに

 

英会話を続けていると、伸び悩みを感じることもあるでしょう。

 

最初のころはどんどん話せるようになっていって楽しかったのに、最近はなんだか成長を感じない・・・と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

 

最初はまっさらな状態からスタートするので、新しいことをどんどん覚えて言える事も多くなっていくのですが、ある程度のレベルになると1、2週間程度では成長を感じないのが語学。

 

とはいえ、しばらく続けていても、なんだか成長した気がしないということもあるかもしれませんね。

 

そこで今回は英会話で伸び悩みを感じたときに、どうすれば良いのか、伸び悩みの特徴別にご紹介していきます。

 

伸び悩みに悩んでいる人は、これを参考に英会話を続けてみてくださいね。

 

 

モチベーションが落ちて伸び悩むときは・・・

語学をマスターするのには、どうしても時間がかかってしまいます。

学ぶ範囲が膨大なため、やってもやっても、まだまだ先があるという状態なのですね。

 

そのためモチベーションが下がってしまって成長しないということもあるでしょう。

そんなときには、こんな方法がおすすめです。

 

英会話を始めたころの教材などを見てみる

モチベーションが低下する原因の1つは、自分が成長している気がしないということでしょう。

そんな人は英会話を始めたころの教材を見てみましょう。

びっくりするほど簡単になっているはずです。

しかし始めたころは、それを難しいと感じていたはずなんですね。

 

次は3ヶ月〜半年くらいまえにやっていた教材などを見てみましょう。

 

どうでしょうか。多少は成長していると思いませんか?

 

英会話はある一定のレベルになると、数ヶ月単位ではないと成長度を感じることができません。

 

そのため、以前使っていた教材やノートなどをみると、成長していることを感じられ、やる気をもって英会話学習に取り組めるようになるかもしれません。

 

英会話ができたらどんなことをしたいのか妄想してみる

モチベーションが低下してしまうのは、目標を失っているからとも考えられます。

 

そういった自覚がある人は、英会話ができたらどんな楽しいことをしたいのか、どんな自分になっているのかを妄想してみてください。

 

本当にそんな風になった自分になりきって感情も感じてみましょう。

ワクワクしてこないでしょうか。

 

そのワクワクした感情のまま英会話学習に取り組んでみましょう。

 

モチベーションが低下する度にこれを繰り返していれば、モチベーションを保てるのではないでしょうか。

 

楽しいことだけしてみる

モチベーションが下がっているときは、英語の勉強が難しくてやる気がでないのかもしれません。

そんなときに無理やり勉強しても頭に入ってこないでしょう。

 

ですからそんな場合は楽しいことだけに特化して取り組んでみましょう。

英語にはいつも触れていた方が良いので、楽しいことだけに絞って日常生活に英語を取り入れてみてください。

 

そうしていれば、いずれはまたやる気も出てくるはずです。

 

 

勉強を続けているのに伸び悩む場合は・・・

成功体験アイデア

特にモチベーションが落ちたわけではなく、勉強も続けているのになかなか成長しないということもあるでしょう。

そんなときにはこんなことをしてみてはどうでしょうか。

 

苦手克服に取り組んでみる

勉強を続けているのに、なんだか伸び悩みを感じているという人は、勉強するべきエリアが間違っているのかもしれません。

 

ある程度のレベルになってくると、得意なことだけやっていては英会話レベルがアップしなくなります。

 

ですから苦手で後回しにしていたことにも取り組むべきなんですね。

 

ちょっとずつでもいいので、苦手だと感じている分野を集中的に勉強してみましょう。驚くほどレベルがアップするはずです。

 

使っている教材が簡単すぎないかチェック!

勉強を続けているのに一向にレベルアップしないという場合、使っている教材が簡単すぎるのかもしれません。

 

簡単すぎるということは、すでにその内容は理解できているということです。

 

それでは成長しないのは当然ですよね。

 

自分が使っている教材を見て、ほとんどのことがスラスラ理解できるのであれば、教材をレベルアップさせるときに来ています。

 

少し難しいと感じる教材を選んで、引き続き英会話学習に取り組みましょう。

 

やりすぎもNG!適度に休息を

英会話を続けているのに、どうしても成長しないという場合、勉強をしすぎてしまっているのかもしれません。

 

人の脳は疲れると新しいことを学ぶことが困難になっていきます。

また飽きも来ますし、スランプだってあります。

もしも英会話を勉強しすぎているような心当たりがあるなら、もう少しリラックスして英会話に取り組むといいでしょう。

 

毎日ではなく週6日英会話に取り組み、1日は休むなどすると、脳が適度に休息をとれ、学習効率がよくなるかもしれません。

 

実践が足りていなくて伸び悩む場合もあり

英会話は会話ですから、座学だけではなくしっかり「会話」の練習が必要になります。

 

その会話の実践が足りていなくて伸び悩んでいるというパターンもあるでしょう。

この場合は実践を積むしかありません。

 

オンライン英会話や英会話教室、英会話カフェなどを使って、実践の場をできるだけ作ってみましょう。

 

会話実践を日常化すれば、英会話力はびっくりするほどアップします。

 

 

まとめ

今回は英会話で伸び悩みを感じたときにやるべきことをご紹介しましたが、役立ちそうなものはあったでしょうか。

 

伸び悩みは誰でも通る道ですが、そんなときにどう対処するかが鍵となります。

 

ここでご紹介した内容も参考にしながら、英会話学習に取り組んでみてくださいね。

-未分類

Copyright© DIY CHALLENGE , 2019 All Rights Reserved.