未分類

英会話で自己紹介【5つのポイント】

英会話で自己紹介【5つのポイント】

英会話で自己紹介【5つのポイント】

英会話を始めたばかりの人でも、自己紹介をする場面があるはずです。

自己紹介は人との会話の基本。

たとえ英会話初心者でも、自己紹介くらいはスラスラと言えるようになりたいですよね。

そこで今回は、英会話で自己紹介をする際に定番の内容・フレーズを5つのポイントに絞ってご紹介していきます。

これを参考に、自己紹介の練習をしてみてくださいね。

 

自己紹介のポイント① 名前

自己紹介でまず言うことは、自分の名前でしょう。

自分の名前を言うフレーズには、以下の2つが考えられます。

・I am Satyri.(私はさゆりです。)
・My name is Satyri.(私の名前はさゆりです。)

ではこの2つのどちらを使うかですが、実は基本的には”I am Sayuri.”という方が自然です。

日常英会話でも、ビジネス英会話でもこちらの方がよく使われます。

ただしビジネスの場の場合は、”I am Sayuri Tanaka.”のようにフルネームを名乗ったり、苗字だけ名乗ったりします。

日常英会話では、訊かれない限り苗字を名乗る必要はありません。

“My name is Sayuri.”と言っても不自然ではありませんが、ネイティブは英会話教室の講師でもない限りあまり言わないでしょう。

ただ英会話初心者の人はこの言い方に慣れているなら、この言い方でも構いません。

 

自己紹介ポイント② 出身地や住んでいるところ

名前の次は出身地や住んでいるところを言ってみましょう。

これにはこんなフレーズが使えます。

・I am from Japan.(私は日本出身です。)
・I live in Tokyo.(私は東京に住んでいます。)

あなたが海外留学中だったりして相手に国籍を伝えたいときは、”I am from Japan.”と言いますが、相手がすでにあなたを日本人だと認識している場合は、出身都道府県を言うといいでしょう。

“I am from Kyoto.(京都出身です)”といったようにです。

もしも出身都道府県よりも、今住んでいるところを強調したければ、”I live in Tokyo.”のように、住んでいるところを言うといいでしょう。

“I am from Japan. I live in Tokyo.”というように、くっつけて言うこともできます。

 

自己紹介ポイント③ 職業や専攻

出身地の次の定番は、職業や専攻です。

ちなみに名前・出身地と来たら年齢を言う日本人も多いようですが、英会話において年齢はそれほど重要ではありません。

訊かれれば答える程度で構いません。

そもそも、それほど仲良くない相手に年齢を訊くことはないでしょう。

日本と違って、年齢によって相手への話し方が変わるわけではないからです。

というわけで、自己紹介では年齢は省き、職業や学校での専攻を下記のように言ってみましょう。

ポイント

・I am a Japanese teacher. I work at a Japanese school in Yokohama.
(私は日本語の先生です。横浜の日本語学校で働いています。)
・I am a university student. I study psychology.
(私は大学生です。心理学を勉強しています。)

ここで気をつけたいのは、職業です。

学生なら自分の専攻をなんと言えばいいのか辞書を調べればすぐにわかりますが、日本は英語圏ほど職業が細分化されていないためか、多くの人が”office worker”(事務)と答えてしまうんですね。

それは日本の文化でもあるので仕方のないことですが、もう少し詳しく説明できるといいでしょう。

たとえば経理部に勤めているなら、”I work for accountant section.(私は経理部で働いています。)”と言えますし、受付事務なら「事務」と言うよりは「受付」の方を優先して、”I am a receptionist.(私は受付係です。)”と言えます。

 

自己紹介ポイント④ 趣味

次に趣味についても説明してみましょう。趣味の言い方はこんなフレーズが使えます。

ポイント

・My hobbies are learning English and traveling.(私の趣味は英語の勉強と旅行です。)
・I like learning English and traveling.(私は英語の勉強と旅行が好きです。)

どちらの表現も英会話でよく使われますから、どちらで言っても構いません。

特に「大好き」ということを伝えたいなら、”I love dancing.(私はダンスが大好きです。)”のように”love”を使うこともできます。

 

自己紹介ポイント⑤ なぜ英会話を学んでいるのか

英語習得中に誰かに初めて会った時には、よく「なぜ英会話を勉強しているのか」と訊かれることがあります。

これに対してきちんと答えられるようにも準備しておきたいですね。

こんなフレーズを使って、なぜ英会話を学んでいるのかを説明してみましょう。

ポイント

・I study English because I would like to live in Australia.
(私はオーストラリアに住みたいので英語を勉強しています。)
・I study English because I would like to make friends all over the world.
(私は世界中に友達を作りたいので英語を勉強しています。)

英会話を習得したい理由はそれぞれですから、自分がどう言えばいいのかしっかり調べて練習しておくと安心ですね。

ここまでしっかり説明できると、会話がどんどん広がって行くでしょう。

 

まとめ

今回は英会話での自己紹介フレーズを5つのポイントにまとめてご紹介しましたが、英語で自己紹介ができそうでしょうか。

自己紹介フレーズは、丸覚えしてしまって問題ありませんから、自己紹介をスラスラとできるように日頃から口に出して練習しておくといいですね。

慣れてきたら、自己紹介から会話が広がっていくことを楽しめるはずです。

自己紹介から自然な会話に発展するようにするためにも、まずは基本の自己紹介をマスターしておきましょう。

-未分類

Copyright© DIY CHALLENGE , 2019 All Rights Reserved.