英会話とTOEICその違いは?【勉強法も解説】

更新日:

英会話とTOEICその違いは?【勉強法も解説】

TOEICの点数を伸ばすことを目的として、英会話に励んでいる人は多いのではないでしょうか。

確かに英会話はTOEICのリスニングパートを解くための地力をつけるという意味では、非常に有効なツールです。

しかし一方で、英会話だけやっていればTOEICで高得点が取れるかと言うと、それは誤りです。

本記事では、英会話とTOEICの違いと勉強法について解説していきます。

 

英会話はTOEICのリスニングに活かせるの?

英会話がTOEICのリスニングに活きる理由はたくさんあります。

・英語を聞くという行為に慣れることができる。
・英語の発音やアクセントを習得できる。
・会話を通じて、ボキャブラリーを増やすことができる。

これらのメリットだけでも、他の受験生との差を大きく広げることができます。

しかし、英会話のみでTOEIC高得点を狙うのは難しいです。

何故なら、TOEICのテストにおいては英会話だけでは補えない部分があるからです。

TOEICにおいて英会話だけでは補えない部分とは

TOEICはペーパーテストというその性質上、純粋な英語力が得点に比例するとは限りません。

あくまで英会話は実戦向きのトレーニングであり、TOEICのテストとは少し性質が異なります。

ここでは、TOEICにおいて英会話だけでは補えない部分について解説していきます。

 

①英会話だけではTOEICに必要な単語・文法を網羅できない

TOEICに出題される英語はビジネス英語に寄ったものが多く、単語や文法もビジネス英語に近い言い回しものが多いです。

一方普通に英会話を行なっていると、先生との会話は日常英語になりがちで、TOEICで出てくるような単語や文法を使う機会はあまりありません。

TOEICの点数を伸ばすには、TOEICに頻出の単語や文法を覚える必要があります

 

②TOEICには「設問に対して回答する力」が求められる

TOEICのテスト形式は、設問に対して4つの回答候補の中から正解を選ぶというものです。

設問を正しく読み解き、最も正解に近い回答を洞察する力は、先生との会話のキャッチボールが中心となる英会話だけでは身に付けることができません。

TOEICのテストを実際に解き、「設問に対して回答する力」を身につける必要があります。

 

③TOEICにはテクニックも必要

TOEICのテストには、

「設問の中に〇〇というキーワードがあるから、この回答は正解から除外できる」

といったようなテクニックが多数存在します。

TOEIC上級者の多くはこのようなテクニックを駆使しており、英会話によるトレーニングだけではなかなか太刀打ちできません。

 

④英会話だけでは「テスト慣れ」ができない

TOEICはあくまでペーパーテストです。

マークシートの素早い記入や適切な時間配分は、実際にTOEICのテストを受けて初めて身に付くもの。

基本的に鉛筆を握らない英会話だけでは、TOEICに対する「テスト慣れ」ができません。

 

英会話でTOEICの点数を伸ばすために必要なこと

ではどうすれば、英会話で身に付けたリスニング力をTOEICに活かすことができるのでしょうか。

英会話でTOEICの点数を伸ばすには、英会話でリスニングのトレーニングを積みつつも、TOEICを意識した勉強をすることが重要です。

ここでは、英会話でTOEICの点数を伸ばす方法について紹介していきます。

 

①まずはTOEICに必要な単語や文法をひたすら覚える

単語や文法は、TOEICにおける基礎中の基礎です。

まずはTOEIC対策用の単語集や文法集を用いて、TOEICに頻出の単語や文法をひたすら覚えましょう

始めにTOEICの基礎を身に付けてから英会話に臨むことで、トレーニングの効率をアップさせることができます。

 

②英会話の中で、覚えた単語や文法を積極的に使う

ある程度単語や文法を覚えたら、英会話の中でそれを積極的に使ってみましょう。

インプットしたものをアウトプットすることで、より記憶に定着しやすくなります。

TOEICの勉強をしている旨を事前に先生に伝えておき、TOEICで求められるような英語を引き出してもらっても良いでしょう。

また、自分の発音やアクセントを先生にチェックしてもらうことも、リスニング力の向上に効果的です。

 

③英語に慣れてきたら、TOEIC公式問題集を使って予行演習

英会話を続けていれば、リスニング力は自然と向上していきます。

しかしTOEICで点数を稼ぐには、身に付けたリスニング力をTOEIC仕様に仕上げていく必要があります。
そこで有効なツールが、TOEIC公式問題集

TOEIC公式問題集はTOEIC本番と同じように問題が作られており、TOEIC本番の予行演習をすることができます。

解説も充実しているため、TOEIC公式問題集だけでも十分にTOEIC対策を行うことができます。

英会話の成果をTOEICの点数に反映するためにも、TOEIC公式問題集を何度も繰り返し解きましょう。

 

まとめ

本記事では、英会話とTOEICの違いや、英会話でTOEICの点数を伸ばす勉強法について解説しました。

確かに英会話はTOEICの点数アップに有効なツールではありますが、TOEICで高得点を狙うにはプラスアルファの工夫が必要です。

プラスアルファの工夫で、他のTOEIC受験者にも差をつけることができるはずです。

本記事で紹介した方法を実践し、ぜひとも英会話の成果をTOEIC本番で発揮してください。

Copyright© DIY CHALLENGE , 2019 All Rights Reserved.