英会話の覚え方3つのポイント!【暗記よりコツです】

更新日:

英会話の覚え方

はじめに

学生時代に英単語をあんなに覚えたのに、基本的な英会話すら自信がない…と悩む方は多いです。

仕事で忙しく、あまり時間がない人にとって、どうすれば効率的に英会話ができるようになるのでしようか?

この記事では、効率的に英会話を覚える3つのポイントをご紹介しましょう。

 

英会話の覚え方

英会話で英単語を覚える

 

英会話とは、英語を聞いて理解して、話すという相手とのキャッチボールです。

英語学習には大きく分けて「読む」「書く」「聞く」「話す」の4セクションに分かれます。

日常英会話やビジネス英会話など、人とのコミニュケーションをマスターするには、「聞く」「話す」を重点的に学習することが大切です。

受験英語は「読む」「書く」に重きを置いているので、どうしても苦手意識を持ってしまう方が多いのです。

要は話しが通じてコミニュケーションすることが第一条件ですから、受験勉強のような丸暗記は必要ありません。

難しいテキストも必要なく、簡単な英会話フレーズがスラスラ口から出てくるのが理想です。

そのためには、発音をしっかり学べるようにCDや動画などを利用して、正しい発音の習得をしましょう。

 

文法は中学生レベルで十分

日常英会話やビジネス英会話でさえも、文法は中学生レベルで十分に通用します。

英会話において文法はとても重要ですが、高校生レベルまで細かい文法を識別できる必要はありません。

冒頭に述べたように、まずは普通の日常会話ができるコミニュケーション力をつけることを目指します。

そのためには、細かい文法よりも超基本単語の発音をマスターすることの方が大切です。

中学生レベルの文法が不安な方は、まず中学生の文法参考書(解説付き)を1冊徹底的にマスターします。

理解度を確かめるために、高校受験英語の問題集をといみて、一通り理解していればOKです。

日常英会話には高校生レベルの文法は高度なので、中学生レベルの文法をマスターしたら、次は発音を重視してください。

 

短いフレーズを何度も口に出して繰り返すこと

英会話が上手くなるには、野球やゴルフの素振りのように基本的なフォーム、つまりフレーズを何度も何度も繰り返して頭に定着させます。

子供はすんなり頭に入りますが、すでに日本語が完成された大人の頭には、訓練が必要なのです。

 

自分のレベルに合った英会話教材を選んで、何度も英会話フレーズを口に出して、繰り返し繰り返し練習するようにしてください。

英会話フレーズは短ければ短いほど定着しやすくなるのでおすすめです。

 

英会話フレーズサンプル

Are you free today?
今日ヒマ?

What are're you doing now?
今何やってるの?

How're you doing?
元気?

Sleepy?
眠いの?

Wha's happen?
どうしたの?

What day is today?
今日何曜日?

Can you hand me that?
それ取って!

It's looks delicious.
これ美味しそう!

It's so cute!
めっちゃかわいい!

I see.
なるほど〜

 

このような簡単な英語フレーズを500個くらい徹底的に頭に叩き込んで、応用できると口から英語が出てくるようになります。

英語に自信がある方でも、とても簡単なフレーズが口から出てこないことが多いです。

日常英会話をスムーズにできるようになるために、短くて簡単なフレーズを何度も何度も繰り返して練習しましょう。

はじめは一日10フレーズから20フレーズをまとめて覚えると良いですね。

毎日10フレーズずつ覚えれば、1ヶ月で300フレーズからもマスターできるようになります。

正しい発音で覚えるためにテキストや本だけではなく音を聞いて繰り返して口に出すようにしてください。

毎日繰り返していると、半年もすれば自然とスラスラ英語が口から出てくるようになります。

 

正しい発音はフォニックスで覚える

日本の学校では英単語を山ほど覚えなければなりませんが、英単語の覚え方は学びません。

実は、英単語には「フォニックス」という発音ルールがあるのをご存知ですか?

このルールを覚えることではじめて見る単語も正しく発音できるようになるので、覚えておいて損はありません。

アルファベットは全部で26文字あり、基本的な26個の発音パターンがあります。

例えば、bはブッ、kはクッなど基本的なルールを頭に入れます。

そして、フォニックスには文字を組み合わせた発音ルールもあり、下を挟むth、息を抜くshなどがあります。

英語には文字の組み合わせにより、発音上のルールが決まっており、それを覚えることで単語が発音しやすくなるというわけです。

最近は、日本でも初心者向けのフォニックス発音に関する英語の本も増えているので、ぜひマスターすることをおすすめします。

 

まとめ

今回は、英会話を効率的に覚える3つのポイントをご紹介しました。

話せるようになるための英語は発音を重視して、毎日繰り返す学習法が最適です。

ぜひ、参考にして今日から実践してみてください。

Copyright© DIY CHALLENGE , 2019 All Rights Reserved.