子供英会話 英会話

英会話は小学生から始めるべき【3つの理由】

投稿日:2019年2月15日 更新日:

英会話は小学生から始めるべき【3つの理由】

従来の日本の学校教育では、英語は中学から学ぶ科目でしたが、小学5年生から英語が必修科目になってから久しいですね。

5年生からでは遅く、もう少し低学年から英語を始めた方がいいという声もありますが、なぜ英語は小学生から始めた方が良いのでしょうか。

今回は英語を小学生から始めるべき理由を3つに絞ってご紹介します。お子さんが小学生だという人は、これを読めばお子さんに英語を習わせたくなるかもしれませんよ。

 

英会話は小学生から始めるべき理由とは?

冒頭で「英語は小学生から」ということに触れていますが、実は英語の中でも特に「英会話」については、小学生から始めるメリットがとても大きいんです。

ではなぜ英会話は小学生から始めた方が良いのでしょうか。その理由についてご説明していきます。

 

小学生から始めると発音がよくなる

英語を低年齢から始めると、大人になった頃にペラペラになっているというのは、多くの人が考えることでしょう。

これは概ね事実で、小学生の中でも低学年の頃から英会話を始めると、発音が抜群によくなります。

小学生からなら、ほぼネイティブのような発音にすることだって可能です。

年齢を重ねるに連れて、私たちの脳は新しい発音を覚えるのが難しくなっていきます。

ですから、英語の発音をマスターするなら、大人になってからよりも高校生から始めた方が良いですし、高校生からよりももっと若い中学生、小学生から始めるのがいいんですね。

発音だけに絞るなら、小学生になる前から始めると本当にネイティブのような発音になります。

日本語の発音は、英語の発音とかなり違いシンプルなため、日本語の訛りがある英語はなかなか通じないという問題があります。

もちろん大人になってからでも通じる英語を学ぶことはできますが、国際社会で活躍できるような英語となると、ほとんどネイティブのような発音になっているといいですよね。

 

英語でのコミュニケーションに慣れることで照れがなくなる

従来のように中学生から英語を学ぶと、年齢的に照れもあって、抵抗なく英会話ができるという人は少ないでしょう。

そのため、授業で強制されない限りは、英語でのコミュニケーションをする機会は少なくなってしまいます。

しかし小学生低学年から英会話を始めれば、英語でコミュニケーションをとることを恥ずかしいと思うよりも、興味が勝つ子供の方が多いと考えられます。

そのため、英語でコミュニケーションをとる機会を与えれば、英会話をしようとしますから、どんどん英会話に慣れて行くんですね。

そして中学生になる頃には、英会話をすることに抵抗がなくなっているので、英語を話すのが恥ずかしいとは感じなくなっているでしょう。

大人が英会話を始めたときも、間違うのが怖かったりして、理解できているのになかなか話せないということもあるかと思いますが、小学生の頃から英語に触れていれば、そんなこともなくなります。

 

言語脳がある程度できているので学習しやすい

前述のとおり発音については、小学生よりももっと幼い頃から始めると、完璧な発音を身につけることができます。

しかし幼児以下となると、そもそもまだ日本語も習得中で満足に話せないため、英会話を始めてもきちんとした「会話」にはなりません。

また子供によっては、日本語よりも英語の方が話せるような状態になることもありますし、日本語と英語が混ざってしまうこともあるでしょう。

しかし小学生なら、ある程度すでに日本語の言語脳ができてしまっています。

小学生に上がるくらいの子供だと、大人と会話をすることも可能ですよね。

この状態なら、日本語と英語が混ざることもありませんし、日本語より英語の方が得意だということにもなりません。

そのため英会話を「第一外国語」として習得しやすく、英語が日本語力に影響するようなこともほとんどないでしょう。

 

小学生のうちは文法よりもコミュニケーション重視

ここまでご説明したとおり、小学生から英会話を始めることには大きなメリットがあります。

しかし一方で、気をつけるべき点もあるんです。

それは小学生のうちは英文法よりもコミュニケーションを重視するべきだということです。

私たちが国語という教科を通じて日本語を学ぶ際にも、本格的に文法が出てくるのは中学生になってからです。

小学生のうちは、日本語の文章読解や漢字を学ぶ時間が圧倒的に多いですよね。

子供が言語を覚えるときには、まずはコミュニケーションに特化しているはずです。

このことからもわかるとおり、小学生という年代は、そもそも日本語の文法用語などもよくわからないので、英文法を学ぶ準備はできていないのです。

小学生から英会話を始めることのメリットは、座学的な学習よりも、コミュニケーション能力の方に偏っていますから、小学生のうちは英会話(リスニング・スピーキング)に特化するべきなんですね。

そのほかのライティングやリーディング、文法といったスキルは、中学生以上になってからでもきちんと習得できるものですから、心配ありません。

小学生のうちは、厳しく英語を学ぶよりは歌や会話などを通して、英語を楽しみながら習得するのがいいでしょう。

子供用オンライン英会話のまとめ記事はこちらから

 

まとめ

今回は英会話を小学生から始めるべき理由や、小学生のための英会話習得法について触れましたが、いかがでしたでしょうか。

お子さんに英会話を習わせたいと思っている人は、ぜひ早めに始めてみてくださいね。

そのときには「英会話を楽しむ」ということも重視してみましょう。

きっと大人になる頃には、ネイティブのように英語が話せるようになっているはずです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
さゆり

さゆり

こんにちはさゆりです。 イギリス在住歴5年・現役プライベート専門英語講師の経験を活かして語学に関する話題を中心にブログを配信しています。よろしくお願いします。

-子供英会話, 英会話

Copyright© チャレンジBLOG , 2019 All Rights Reserved.