バイリンガルの子供を育てる自宅英会話学習法

更新日:

バイリンガルの子供を育てる自宅英会話学習法

子供の頃から英語を学んでいれば、子供がまるでネイティブスピーカーのように英語が話せるようになるというのは、多くの人が認識している事実でしょう。

しかし日本にいながら、自宅にいながらにして子供をバイリンガルにすることなんてできるのでしょうか。

子供の言語吸収率は、大人のそれとは違い、かなり素直に覚えていってくれます。ですから工夫次第で日本にいて、インターナショナルスクールなどに通わせなくても、子供をバイリンガルにすることは可能でしょう。

そこで今回はバイリンガルの子供を育てるための自宅英会話学習法をご紹介していきます。子供をバイリンガルにしたいという人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

家をできるだけ英語環境に整える

子供の場合、英語を勉強することを強制しなくても、周囲に英語が溢れていれば、どんどんそれを吸収していってくれます。

ですから、英語の教材を与えて学ばせるよりも、家をできるだけ英語環境に整えたほうが良いんです。

家を英語環境にする方法をいくつかご紹介します。

 

テレビで英語音声を流しておく

テレビをつける場合は、英語ニュースや海外のテレビ番組など、英語オンリーのものを流しておきましょう。

子供は耳から勝手に覚えていってくれるので、四六時中子供用の番組を流す必要はありません。

しかしたまには、子供にじっくりテレビを見てもらう必要もあるので、いくつか海外の子供向け番組のDVDなども用意しておくといいでしょう。

 

あちこちに英語のポスターなどを貼っておく

自然な形で英語を目にさせることも重要です。

トイレや部屋の中に、英語学習用のポスターなどを貼っておくといいでしょう。

可愛い絵と単語が並んでいるものが良いでしょう。

子供に読み方を訊かれたときのために、あなたも発音の練習をしっかりしておきましょう。

 

BGMも洋楽などを流しておく

テレビではなく音楽を流すときも、英語圏の洋楽がおすすめです。

子供が興味を持つように、ディズニー映画など、子供向け映画などの主題歌なんかを流してみてもいいかもしれませんね。

この時気をつけなければならないのは、歌詞の内容が卑猥だったり、スラングだらけだったりするものは選ばないということです。

そういった言葉は耳につきやすいので、子供はどんどん吸収していってしまいますが、そういった言葉を覚えるのは、少し大人になってからが良いでしょう。

おすすめは前述の子供向け映画の主題歌などのほかには、10代向けのアイドルグループや女性シンガーなどが歌っている曲です。

 

親も英語に触れること

いくら子供の周りを英語環境にしても、親が英語が話せなかったり、英語に触れていなかったりしていては、子供も英語に親しむことは難しいでしょう。

ですから親も英語に触れることが重要です。

バイリンガルの子供を育てたいなら、家庭内でも英語で会話ができた方がよいので、親も中級・中上級以上の英会話力がついていると最高ですね。

家庭内を英語環境にすれば、自然と大人にも英語が身についていくものですから、そういった環境を整えて、且つ英語学習にも取り組んでみましょう。

 

英語の絵本を読んであげる

家を英語環境にする場合、子供にとって非常に重要なのは、読み聞かせです。

これが重要なため、親もそれなりの英語力をつける必要があるんです。

1日1冊英語の絵本を読んであげましょう。

英語の発音が悪くて、それができない人の場合は音声つきの絵本を選ぶといいかもしれません。

しかし他人の音声は、親が読んでくれるのとは違うため、吸収率は悪くなってしまうと考えられます。

読み聞かせは正しい発音で行う必要はありませんが、まるっきり日本語発音でもいけません。

そのため、ここでも親の英語力が必要になるのです。

 

英会話を学ぶことを強制しないこと

子供をバイリンガルにさせたいばかりに、英会話を強制してしまうこともあるかもしれません。

しかし強制はタブーです。

なぜなら、強制すればするほど、子供は英語を嫌いになってしまうからです。

バイリンガルになるためには、英語が自然に生活の中に溶け込んでいなければなりません。

どんなにシャイな子供だったとしても、日本語を話したくないと言う子供はいないでしょう。

それはコミュニケーションには日本語が不可欠で、特に日本語を強制されているわけではないからです。

英語もそのような状態にできるように、自然と生活の中に溶け込ませましょう。

 

実践の時間も頻繁に作ること

英語の音声を聞いたり、英語を目にしたり、読み聞かせをしてもらったりしていれば、子供の英語力は自然と伸びていきます。

しかし、それだけでは十分とは言えません。

なぜなら、その蓄積した英語の知識を使う場所がないため、「英会話力」はなかなか伸びないからです。

ですから、身についている英語力を使える場所=実践の場を作ることも重要です。

しかもそれが日常化しているといいですね。

親の英語力が日常英会話をするのに十分な場合は、家庭内の会話を英語でするといいでしょう。

しかしそうではない場合は、他人の手を借りる必要があるでしょう。

とは言え、キッズ英会話に通わせるのは高額だと思う人もいますよね。

昨今とても広まっているオンライン英会話には、キッズに対応しているところもたくさんあります。

オンライン英会話なら価格もかなり安価で、毎日レッスンが取れるようなところもありますから、そうしたものを取り入れてみてもいいですね。

なるべく楽しいレッスンをしてくれる講師を見つけ、継続してレッスンを受けさせてみましょう。

特徴別にオンライン英会話をまとめた記事はこちらから

 

まとめ

今回は子供をバイリンガルに育てるための自宅英会話学習法をご紹介しましたが、そんなに特別なことはありませんから、今日からでも挑戦できるのではないでしょうか。

子供に英会話力をつけさせるためには、英語を日常に溶け込ませ、且つ英会話の実践の場を作ることが重要です。

それを日常化できれば、気づいた頃には自然に子供が英語で会話をしていることでしょう。

Copyright© DIY CHALLENGE , 2019 All Rights Reserved.