空港で使う英会話【初心者もこれだけはおさえよう】

更新日:

空港で使う英会話【初心者もこれだけはおさえよう】


はじめに

 

 

海外旅行では、添乗員のいるツアーでもない限り、空港でも英会話が必要になるでしょう。

英語圏ではなくても、空港職員は英語が話せる人が多いですから、英語が話せればどこの空港でも困ることはありません。

今回は海外旅行中に空港で使えそうな英会話フレーズを、必須で簡単なものに絞ってピックアップしてみました。

初心者でも丸覚えしてしまえば使えるフレーズばかりですから、海外旅行に向けて練習してみてくださいね。

 

チェックインカウンターで使うフレーズ

空港での英会話

空港に行ってまずすることは、チェックインでしょう。

チェックインをするときにはまずは、”Hello.”と声をかけましょう。

 

それから使えるフレーズにはこのようなものがあります。

 

・Check in, please.

(チェックインをお願いします。)

・Here is my passport (ticket).

(これが私のパスポート<チケット>です。)

・Can I have a window (an aisle) seat, please?

(窓側<通路側>の席に座れますか?)

 

チェックインカウンターでは、パスポートとチケットさえ見せれば、あとはどんどんスタッフが進めて行ってくれます。

それほど難しい英語表現は必要ないので、このあたりを丸覚えしてしまいましょう。

 

 

迷ったときに使うフレーズ

空港内は広いので、自分がどこに行けばいいかわからないこともあるでしょう。

そんなときにはこちらでご紹介するフレーズを使ってみましょう。

 

・Where is the check-in counter?

(チェックインカウンターはどこですか?)

・Where is this gate?

(このゲートはどこですか?※ボーディングパスのゲート番号を見せながら)

・Where is the restroom?

(トイレはどこですか?)

・Where is the exchange counter?

(両替所はどこですか?)

この程度のことが言えれば、空港で迷っても安心でしょう。

道案内は、指をさしてもらえばいいので、相手が言っていることはそれほどわからなくても大丈夫です。

 

入国審査で使うフレーズ

海外の空港でチェックインをしたり、セキュリティチェックをしたりというときには、それほど複雑な英会話は必要ありません。

ほとんど単語でなんとかなります。

空港で最も複雑な英会話が必要になる場所は入国審査でしょう。

審査官によっては、あれこれと複雑な質問をしてくる場合もあるので、それにしっかり答えられるような英語力が必要になります。

 

ここでは、なるべくシンプルに必要なことが答えられるようなフレーズをご紹介します。

 

・I’m here for sightseeing.

(観光でここにいます。)

※滞在の目的を訊かれた場合、”sightseeing.”と単語を言うだけでも問題ありません。

・For XX days.

(XX日間です。)

※滞在期間を訊かれたらこう答えます。

・I beg your pardon?

(なんとおっしゃいましたか?)

・Could you say that again?

(もう一度言っていただけますか?)

・Could you speak more slowly please?

(もっとゆっくり話していただけますか?)

入国審査のときも、まずは審査官に”Hello”と挨拶をすることを忘れないようにしてくださいね。

特にアメリカやイギリスなど、移民の多い国では入国審査が厳しめの傾向にあります。

審査官の心証をよくするためにも、挨拶を忘れないことや、身なりをきちんと整えるなど、しっかり気をつけましょう。

英会話フレーズよりも、そちらの方が重要になるかもしれません。

 

荷物が出てこない時のフレーズ

空港での英会話

入国審査以外で空港で困ることといえば、荷物が出てこないという問題でしょう。

荷物が出てこないときには、近くにいる空港スタッフにその旨を伝える必要があります。

また荷物が出てきても、破損していたりすると、場合によっては航空会社に補償してもらえることがあります。

 

そうした場合に空港職員にどう話しかければ良いのかをみてみましょう。

・Excuse me.(すみません。)

※職員に声をかけるときには、まずはこのフレーズを使いましょう。

・I couldn’t find my luggage.

(荷物を見つけられなかったのですが。)

・My luggage didn’t come out.

(荷物が出てきませんでした。)

・My luggage is damaged.

(荷物が破損しています。)

 

荷物が破損している場合は、破損箇所を見ながら上記のフレーズを口にするといいでしょう。

 

あまり英語ができないと不安かもしれませんが、空港職員にとっては、スーツケースが届かなかったり、破損していたりというのは日常茶飯事です。

 

あなたが英語が不得意でも、あちらの方がなんとかなるようにリードをしてくれますから、落ち着いてできる限りのフレーズを使って対処するようにしましょう。

 

まとめ

今回は空港で使える英会話フレーズをご紹介しました。

空港職員は、言葉が通じない相手との意思疎通もある程度慣れていますが、やはりちょっとしたことは英語で言えるとスムーズです。

 

特にトラブル時に必要になりそうなフレーズは、しっかり覚えて海外旅行にそなえてくださいね。

Copyright© DIY CHALLENGE , 2019 All Rights Reserved.