赤ちゃんって虫歯になるの?【子育ての正しい知識】

投稿日:

 

はじめに   

産まれたばかりの赤ちゃんは、虫歯になるの?と疑問に思うパパやママが多いと思います。

ここでは赤ちゃんは虫歯になるのか?虫歯にならないよう対策してあげられることは何があるのかなどをまとめてみます。

 

赤ちゃんは虫歯になるの?

赤ちゃんは虫歯になるのかと聞かれたら、その答えはイエスです。

赤ちゃんの歯でも虫歯になることがあります。

では、虫歯の原因はどういったものがあるのでしょうか?

 

赤ちゃんが虫歯になる原因

大人からうつる

生まれたばかりの赤ちゃんに虫歯菌はありません。

虫歯菌の感染源の1つは、大人から唾液を介して感染するそうです。

虫歯のあるパパやママが「キス」や「食器」の共有などで赤ちゃんに虫歯菌が感染します。

に、乳歯の生え始めた頃から3歳くらいまでは歯の質が弱いので、感染にはじゅうぶん注意しましょう。

赤ちゃんが虫歯菌に感染すると、歯の質が弱いため神経に虫歯菌がすぐに進んでしまいます。

そうなると、歯ぐきの下で生える準備をしている永久歯にも虫歯菌が引き継がれるので、永久歯が生えてきても虫歯になる可能性があります。

おやつやジュースをだらだらと摂る

生後半月を過ぎると離乳食を食べられるようになるため、おやつを食べたりジュースを飲むようになります。
おやつの時間を決めずに、だらだらおかしやジュースを飲んでいると虫歯になりやすいと言われています。

赤ちゃんがぐずると機嫌を取るためについつい与えたくなる気持ちも分かりますが、時間や回数を決めて与えるようにしましょう。

に虫歯になりやすいのが甘いジュースだそうです。

私も子供が小さい頃、炭酸飲料や甘いジュースをなるべく与えないようにしていました。

そのおかげか、比較的娘たちに虫歯は少ない方かと思います。

虫歯予防対策を行う

親が虫歯に気をつける

パパやママなど家族に虫歯が多ければ多いほど、赤ちゃんが虫歯になる確率が高いです。

パパやママも自分が虫歯にならないよう日ごろからケアしましょう。

そのためには食後きちんと歯を磨いたり、甘いものは適度にとどめる、定期的にクリニックでチェックしてもらうなどを心がけましょう。

また、パパやママがキシリトールを利用するのも手です

キシリトール入りのタブレットやガムを摂ることで、お口の中の虫歯菌の活動を抑えることができます。

一生効果が続くものではないですが、摂っている間は虫歯菌の活動が押さえられるので、お子さんに虫歯がうつる確率を低くできます。

特に虫歯になりやすいパパやママなら継続してキシリトールを摂ることで、自分自身の歯を守ることもでき一石二鳥です。

食後や寝る前の歯磨き

赤ちゃんに歯が生えてきたら、食後や寝る前に歯をきれいにしてあげましょう。

食後のお口の中は、酸が生成されるため歯が溶け出します。
そのため、食事をしたら15分以内に歯磨きすれば虫歯になるのを防止できます。

また、寝ている間は唾液の分泌が減り虫歯になりやすい状態なので、必ずお口の中をきれいにしてから寝かせるようにしましょう。

その時、歯だけでなく歯ぐきもマッサージしてあげるといいでしょう。

まとめ

赤ちゃんは虫歯になるのか?その原因や対策についてもまとめてみました。

乳歯が虫歯になると永久歯も虫歯になりやすいと知ったら、できるだけ虫歯のない状態でいさせてあげたいと思いますよね?

赤ちゃんの歯を守るために、今日からでもできることをやってあげてくださいね!

Copyright© DIY CHALLENGE , 2019 All Rights Reserved.