哺乳瓶 子育て

哺乳瓶の消毒方法【赤ちゃんを菌から守る】

投稿日:

哺乳瓶の消毒方法【赤ちゃんを菌から守る】

 

はじめに

 

赤ちゃんは、生まれてしばらくの間は、お母さんから譲り受けた免疫力によって、まざまな菌から守られていつそうです。

ただ、月齢が6か月頃になると、この免疫力は消えてしまうので、その後は自分で抗体を作り免疫力を高めていかないといけません。

成長するに従い少しずつ免疫力がついてくるとは言っても、1歳頃までは大人の半分くらいしかないので、赤ちゃんは感染症にかかりやすく回復力も弱いので、病気になると悪化しやすいです。

そうならないためにも、月齢が低い赤ちゃんが使う哺乳瓶は使うたびにしっかりと洗い、消毒しておかなければなりません。

ここではそんな哺乳瓶の消毒方法について、子育て経験者であるわたくしSUZUKOが代表的なものをお教えします。

 

哺乳瓶の消毒方法

煮沸消毒

哺乳瓶の消毒方法【赤ちゃんを菌から守る】

私が赤ちゃんの頃はこの消毒方法が主流だったと母から聞かされました。

鍋に湯を沸かし、その中で哺乳瓶を消毒するためコストがほとんどかかりません。

ただ、この方法だと大きな鍋が必要でその中でお湯を沸騰させ煮沸する必要があるため、手間と時間がかかるのが難点です。

仕事や家事で忙しいパパやママにとって、負担の大きい方法と言えるでしょう。

 

煮沸消毒の手順

  1.   大きめの鍋にお湯を沸かし沸騰させる
    ※プラスチック製の哺乳瓶は沸騰後、ガラス製は水の段階から入れるのがポイント。
  2.   2.5~7分程度煮沸し、乳首は3分程度で取り出しておく
  3.   3.自然に乾燥させる

 

お湯を沸騰させるため、やけどには十分気をつけるようにしましょう。

 

薬液消毒

次に、私がやっていた薬液消毒についてご紹介します。

現在、娘もこの方法で消毒を行っています。

哺乳瓶以外にも、おもちゃやスプーンなども一緒に消毒できるのでおススメの方法です。

薬液消毒で使用する薬液は1日に1回作ってしまえば24時間使うことができ、ただ浸けておくだけでいいので、手間も時間もかからないのがメリット。

また、大きめの容器を使えば、さまざまなものを一緒に消毒できます。

ただ、薬液を買う必要があるので多少コストがかかるのがデメリットです。

それに、消毒を終えるまでに1時間以上かかるので、すぐに消毒したい場合には不向きです。

そのため、いくつか哺乳瓶を用意しておく方がいいでしょう。
薬液消毒がオススメな人はミルクで育児している人や簡単に消毒したい、いっぺんに色々なものを消毒したい…という人です。

 

薬液消毒の手順

  1. 薬液消毒用のケースやボールなどに薬液と水を入れる
  2. 哺乳瓶や乳首を1時間以上浸ける
  3. 時間が経ったら取り出し水洗いして自然乾燥する

たったこれだけでいいので簡単です。

なお、メーカーや薬液の種類によっては濃度が違うので、表示を確認して薬液を作ることが大切です。

 

電子レンジ消毒

哺乳瓶の消毒方法【赤ちゃんを菌から守る】

私が子どもを育てている頃はあまりメジャーでなかったのですが、最近では電子レンジで消毒する方法もあるようです。

哺乳瓶を洗い専用容器に入れた後、電子レンジでチンすれば消毒できるというもの。

薬剤や火などを一切使わないので安心、安全です。

専用ケースは消毒後哺乳瓶を入れるケースとして使えるのもありがたいですね。

生まれたばかりの赤ちゃんの授乳間隔は2~3時間程度なので、薬液消毒でもいいのでは?と思われるかもしれませんが、その通りにいかないのが育児です。

床に落とした、すぐにミルクを欲しがる…など、何度も頻繁にミルクをあげなくてはならないと、薬液消毒では間に合わなかったりします。

子育てに慣れてくればいいですが、慣れないうちは消毒し忘れていた…などということが多々あります。

ですので、たった数分チンするだけで消毒できるのはママやパパにとってありがたいです。

ただ、チンした後ケースや哺乳瓶が熱くなっているためすぐに使用できないことを覚えておきましょう。

哺乳瓶を数本用意していた方がスムーズに授乳できるのでおススメです。

 

なお、電子レンジ消毒では専用ケースを使うことがほとんどですが、それ以外にも哺乳瓶専用のパックが売られているためこれを使うのもおススメです。

このパックを使えばコンパクトなので、保管のためのスペースを取りません。

また、使い方も専用ケースと同様に簡単で、パックの中に少量の水を哺乳瓶を入れ、チンするだけ。

何度も使えますし、かさばらないので旅行や帰省などに持って行きやすいです。

この電子レンジ消毒の手順

  1. ミルクが残らないようしっかりと洗う
  2. 電子レンジ専用消毒ケースに少量の水と共に入れる
  3. 説明書通りの時間数チンする。
  4. 専用の穴から水を捨てそのまま保管しておく

 

まとめ

哺乳瓶の代表的な消毒方法をいくつかご紹介しました。

哺乳瓶はいつもきれいにしておき、赤ちゃんが感染症にかからないよう気を配ってあげたいですよね?

どの消毒方法もメリットもあればデメリットもあります。

それぞれのご家庭のライフスタイルや考え方に合わせて、ぴったりな方法を選んでみてくださいね!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
suzuko

suzuko

関西エリアに住む2児の母です。最近孫が出来ましておばあちゃんになりました(笑)。自身の子育て経験をもとにママさん達の悩みやストレスを解消できるようなブログを書いていければと考えています。よろしくお願いします。

-哺乳瓶, 子育て

Copyright© チャレンジBLOG , 2019 All Rights Reserved.