DIY Know-how

リフォームでマンションの壁は撤去できる?DIYできる範囲と注意点

更新日:

壁の解体はDIYでできる?

「マンションの壁を撤去して部屋を広く使えるようリフォームしたい」

そうお考え方の方もいらっしゃると思います。

実はマンションの壁は耐震構造に関わる部分が少ないため、DIYでも十分に作業が可能なことが多いのです。
初心者でも難易度が低いDIYと言えるでしょう。

この記事では、マンションの壁を撤去する場合にどんな方法があるのか、壁を撤去するメリットは何かを詳しく説明します。

マンションの壁は撤去しても問題ない?

DIY 疑問

そもそもマンションの壁は壊しても大丈夫なのか?
この疑問については、「マンションの構造に影響を与えなければOK」と言うことができます。

鉄筋コンクリートマンションの場合

鉄筋コンクリートでできているマンションの間仕切りの多くは、専有部分であれば撤去しても問題ありません。
コンクリートになっている部分は撤去できませんが、それ以外の間仕切り壁を撤去するハードルは低いと言えます。

コンクリートの壁の場合、手で叩いたときに音がほとんどなりません。
撤去できる壁であれは中で軽く音が反響しているのが感じられるはずです。

コンクリート壁はそもそも非常に硬くDIYで簡単に壊せるものでもないため、間違って撤去してしまう恐れはありませんが、念のため図面は確認しましょう。

木造マンションの場合

今ではそれほど多くありませんが、木造のマンションの場合には注意が必要です。

木造マンションで壊してよい壁かどうかは、壁が果たしている構造上の役割によります。
素人が見た目でわかるものはほとんどなく、図面を確認してみなければわかりません。

撤去してはいけない壁を撤去すると、マンション全体の耐久性が下がり、地震で倒壊するリスクや建物が歪んでしまう可能性があります。
安易に自分で判断せず、リフォーム業者に任せましょう。

電線やパイプには要注意!

マンションの壁を撤去するときには、上記の構造に関わる問題以外に、注意するべき点がいくつかあります。

それが電気や給水パイプが通っている場合です。

特に多いのが電気の配線で、その壁に電気のスイッチやコンセントなどがある場合、その壁には電線が通っています。
電線の調整は電気工事の免許がないと施工できないので、リフォーム業者に依頼しましょう。
壊したら電線が出てきてしまった、という場合も、その時点で相談することをおすすめします。

マンションの壁をリフォームする方法

DIY 方法

ここではマンションの壁をリフォームする方法としてどのようなものがあるか、大まかな方法を紹介します。

壁を壊す際の詳しい手法や必要な道具、費用についてはこちらの記事にまとめられていますので、ご確認ください。

DIYで壁を撤去!撤去の手順と費用の相場、注意点まで詳細解説
DIYで壁を撤去!撤去の手順と費用の相場、注意点まで詳細解説

続きを見る

撤去と簡単な補修で済ませる

壁を撤去する方法の一つは、撤去を最小限に済ませ、簡単な補修で済ませる方法です。
壁を撤去したのち、欠けが出てしまった部分を見切り材などで隠します。

この方法は一番簡単で補修範囲も狭いため、それほど時間も手間もかかりません。
廃材も少なく済むため、廃材処分費用も少なく済みます。

ただしこの方法の場合には壁を撤去した部分に補修した跡が残ってしまうのがデメリットです。
部屋を広くするという目的は果たせますが、センスよく隠す工夫をしないと残念な見た目になる可能性があるということです。

撤去と床・壁・天井の張替え

壁の撤去に合わせて床・壁・天井の張替えを行うと、部屋全体をリフォームできます。
この方法であれば、壁を撤去した痕跡をほぼ隠すことができます。

ただし、そのフロア一帯の床やクロスを全てはがして張り替える必要があるため、手間も費用もかかってしまうことがデメリットです。
施工範囲によりますが、壁の撤去と簡単な補修だけに比べて3〜6倍くらいの費用がかかります。

引き戸の取り付け

壁を撤去して引き戸にすることで、部屋を広げられるだけではなく、必要に応じて部屋を分割できるなど、柔軟な仕様が可能になります。
また、この方法の場合には、補修の痕跡も少しは目立たずに済むという効果もあります。

ただし、引き戸の取り付けは寸法や調整がシビアで、DIYで行うにはかなり難易度が高いです。
うまく取り付けられないと引き戸が動かない、引き戸を外せなくなったなど、施工後のトラブルが起きてしまいます。

不安な場合には、引き戸の取り付けはリフォーム業者に任せた方がいいでしょう。

アコーディオンカーテンやロールスクリーンの取り付け

引き戸ではなく、アコーディオンカーテンやロールスクリーンを取り付けることもできます。

この方法は、先ほど説明した引き戸の取り付けよりも施工が簡単なため、DIYでも施工は十分に可能です。
ただし簡易的な間仕切りになるため音や光が漏れやすいですし、見た目の面でも好みが分かれるかもしれません。

壁を撤去するメリットとデメリット

壁を撤去するメリットとデメリット

壁を撤去することにはメリットもあれば、当然デメリットもあります。
ここではそれぞれのメリットとデメリットについて詳しく見ていきましょう。

壁を撤去するメリット

壁を撤去するメリットは、以下のものがあるでしょう。

・部屋を広く使える

・視覚的に開放感を感じられる

・風通しが良くなる

壁を撤去すると、シンプルに部屋が広くなるというメリットがありますが、それだけではありません。

部屋を一つ取り除くことで、奥行きが広がるため、見た目に感じられる開放感は大きく変わりますよ。
また壁が空気を遮断することも少なくなるため、部屋全体に空気が行き渡りやすくなります。

壁を撤去するデメリット

壁を撤去することで考えられるデメリットは、冷暖房の効きが悪くなることです。

壁を撤去することで、部屋全体の体積が大きくなり、同じ設定温度でも冷暖房が行き渡るのにかかる時間は以前よりもかかるようになります。
エアコンの設置状況によっては、光熱費が高くなることもあります

また、補修の仕方によってはリフォームした痕跡が残ってしまうことにも注意が必要です。

マンションの壁を撤去するのは実は難しくない

この記事では、マンションの壁を撤去することがそもそも可能なのか、撤去できる場合にはどんな方法があるのかを解説しました。

マンションの壁はコンクリート構造になっているものであれば、壁の撤去はそれほど難しくありません。
自分の力で理想の部屋を作るのはとても嬉しいものです。

図面を確認して、ぜひ挑戦してみてください。

-DIY Know-how

Copyright© DIY CHALLENGE , 2019 All Rights Reserved.