DIY Know-how

リフォームで壁を撤去すると耐震性はどうなる?OKな壁とNGな壁の見分け方

更新日:

リフォームで壁を撤去すると耐震性はどうなる?OKな壁とNGな壁の見分け方

壁を撤去することで、部屋全体を広く見せられますが、場合によっては取り返しがつかないこともあります。

リフォームで壁を撤去すると、耐震性が低くならないか心配
壁を撤去したいけれど、その判断の仕方が知りたい

そうお悩みのみなさまに安心していただけるよう、この記事ではリフォームで壁を撤去してよいかどうかの判断基準と耐震性への影響について解説します。

壁には撤去できる壁と撤去できない壁がある

壁には撤去できる壁と撤去できない壁がある

壁には撤去できる壁と撤去できない壁の2種類があります。

撤去できる壁の場合は耐震性には何も影響しませんが、耐震性に重要な役割を果たしている壁を撤去すると地震によって倒壊する可能性が高まったり、建物全体が歪んだりする可能性があります。

そのため、撤去してもよい壁なのかどうか、適切に判断することがとても重要です。

撤去できない壁はどんな壁?

では、撤去できるかどうかの判断基準はどこにあるのでしょうか?
抜いてはいけない壁(撤去できない壁)の特徴を解説します。

木造住宅の場合、筋交いは撤去NG

木造住宅の場合、耐震上重要な役割を果たしているのが筋交いです。
筋交いは柱と柱の間に斜めに入れることで、耐震上重要な役割を果たします。

この壁は見た目に判別することはほぼ不可能なため、判断するには図面が欠かせません。

また、筋交いは撤去できないものの、その部分の壁だけなら撤去可能です。
筋交いがあるため人が通ることはできませんが、壁を抜くことで開放感を持たせられます。

ツーバイフォー住宅の壁

ツーバイフォー住宅は、耐力壁という壁で建物の構造を支えています。

この住宅では、柱ではなく壁が建物を支えている構造になっており、多くの壁がこの耐力壁に当たります。
そのため、ツーバイフォー住宅の壁を撤去できるかどうか判断するには、かなり高度な建築知識を必要とします。

DIYで壁を撤去するのは、リスクが大きくおすすめできないと言えるでしょう。

鉄筋コンクリート住宅のコンクリート部分

マンションなどに多いのが鉄筋コンクリート住宅です。

この鉄筋コンクリートの場合は、コンクリートの壁以外の部分は撤去できると考えて概ね問題ありません。
またコンクリート壁を撤去するのは特殊な道具が必要なため、誤って撤去してしまうということはまずないでしょう。

撤去できる壁はどんな壁?

では逆に、撤去できるのはどんな壁でしょうか?
こちらも、その特徴を解説していきます。

たれ壁や腰壁

抜けるかどうか簡単に判断できるのが、たれ壁や腰壁です。

たれ壁とは、天井から垂れ下がるようにできている壁です。
腰壁とは、床から腰くらいの高さに作られた壁です。

これらの壁は構造や耐力に関わることがないため、撤去してもまず問題ありません。

鉄筋コンクリートマンションの間仕切り

鉄筋コンクリートのマンション場合、コンクリートの壁以外の間仕切りは撤去可能です。
但し、電線やパイプがあると撤去工事が難しくなりますので、あらかじめ図面で確認しておきましょう。

壁の解体はDIYでできる?

壁の解体はDIYでできる?

撤去できる・できないの判断ができたところで、次は撤去工事について。
壁を撤去するDIYを自分でできるかどうかについて解説します。

DIY自体は難しくないが、判断が難しい

壁のDIYはリフォーム業者でなくとも、道具があればそれほど難しくありません。
適切な道具があれば、壁ひとつくらいであれば、1日もかからずに作業完了できます。

DIYの中でもある程度の力は必要ですが、器用さはそれほど求められないため、作業としては易しい部類だと言えるでしょう。

壁撤去の具体的な方法は、こちらのリンクを参照してください。

関連記事
DIYで壁を撤去!撤去の手順と費用の相場、注意点まで詳細解説
DIYで壁を撤去!撤去の手順と費用の相場、注意点まで詳細解説

続きを見る

ただし、簡単ではないのが、「その壁を抜けるかどうか」を判断することです。

上記の点を踏まえて適切に判断できればよいのですが、その判断を間違えてしまうと、耐震性に大きな影響を与え、倒壊のリスクを高めます。
また撤去可能な壁でも、電線やパイプが通っている場合は配線工事や配管工事が必要なのでDIYではおすすめできません。

自分が撤去したい壁がどんな壁なのか、あらかじめ図面を見て確認する必要があります。

自分での判断が不安なら、解体だけ依頼するのもおすすめ

「DIYでリフォームしたいけど、撤去の判断に自信がない」

そのような場合には、解体だけリフォーム業者に依頼することも選択肢です。
リフォーム業者は図面が残っていれば、その壁が撤去できるかどうか、正しい判断を行えます。

DIYで少しでも費用を抑えたいのであれば、壁の撤去の判断と撤去作業だけを依頼し、その後のリフォーム作業のみDIYで行うという選択もおすすめです。

壁の撤去さえ終わらせてしまえば、他の工程で失敗したとしても、家全体の構造に影響を与えることはありません。

まとめ

この記事ではDIYで撤去できる壁とできない壁の見分け方、DIYがそもそも可能なのかどうかについて詳しくお伝えしました。

壁を撤去するDIYは他のDIYと比べても簡単な部類に入りますが、その壁が撤去できるかどうかを判断するには正しい知識が必要です。
うかつに耐力に関わる壁を撤去してしまうと、取り返しがつかないことになりますので、判断も自分で行う場合にはくれぐれも気を付けてくださいね。

-DIY Know-how

Copyright© DIY CHALLENGE , 2019 All Rights Reserved.